実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

インターネットによる情報開示についての見解

企業育成資金についての詳細情報がインターネットに載っているという話。

 

企業育成資金は非公開では行われていますが実際にはこれを行っている組織は存在するわけですから非公開だから存在しないという考え方は間違ってます。

 

このような PPP と言われている FRB が関与する運用案件は世界中どこの国でも非公開です。

 

この情報をもとに繋がるコンサルタントが変わってご案内をするというのが世界的な基準でありこの PPP という運用モデルは海外のサイトではものすごくインターネットで宣伝しています。

 

すなわちこれは日本版のPPPということになりますので企業育成資金という名称ですがこれは FRB の PPP の運用モデルを活用した資金提供のスキームでしかありません。

 

よってこれは PPP の案件ですから非公開で行うという世界ルールの中でやっているのです。

 

しかし,、そこに通ずるコンサルタントがインターネットを通じて、知り得た情報をその人の独自の判断で書くことは世界中で行われています。

 

2012年以降は、昔のように非常に極秘な中でやられるというよりも、少しずつ広く情報を開示するようにはなってきています。

 

インターネットを通じて情報を提供しているのは、日本でやっているのは MSA 総合研究所だけですから、なぜそのようなことを行っているかと思われるという話も聞きましたが MSA 総合研究所は企業育成資金すなわち PPP について研究しているシンクタンクだからです。

 

ですから、お友達に色々聞かれた時にはこのように答えてください。

 

企業育成資金は世界的に行われている PPP 運用をベースとした資金提供を行うスキームです。

PPP のトレーダー等の内部情報は非公開で行われているというのが世界ルールです。

しかし、そこに通ずるコンサルタントや周囲の情報というものは、専門家がインターネットで情報を開示しているのは世界的に行われていることです。

 

2012年以降はそのようなことをしても問題がないという風なルールになっています。

 

これがベストアンサーだと筆者は思っています。

 

MSA 総合研究所より