実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

本当の経済を作っている仕組みについて理解しよう。

企業育成資金についてのブログを書いています。

企業育成資金というものは、東証一部の資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上、そして、今月中は、病院の350床以上資産50億以上の病院を対象に企業育成資金として返還不要の資金を提供する案件があります。

企業育成資金という話をすれば、昔から噂がありますが、それは、本当の話ですか?と聞かれますが、この制度について理解するには、PPP運用ということを知らなければ、実際には、全く理解できないかとおもいます。

PPP運用というのは、なにかの価値に対して、その価値に対して資金を生み出す仕組みです。

一般的に知られている預貯金に対するPPP運用に関しては、5000万ドル以上の資金がある場合には、1週間あたり25%の利益がでるといわれています。
通常のPPPは、40週間ですから、1週間あたり、25%の利益がでれば、40週間で1000%の利益が保証されることになります。
簡単言えば、見せかけ上の資産が1あれば、PPP運用すれば10倍に資金が増えるというのが、PPP運用になります。

小さい資金では、PPP運用に参加することができませんが、US5000万ドル以上あれば大口の案件に参加できます。特別案件は、10億ドル以上で、1年半ほど運用するPPP運用は、相当大きな利益が上がるコースもあるということです、

これは、完全に非公開で、FRBの資格をもったPPP運用トレーダーが主催している案件になりますので、専門のコンサルタント経由してこの案件に参加しなければならないという世界的なルールになります。

PPPの案件も小口の小ロットの案件もあるようで、USD100万ドルから参加できる1週間あたり10%の利益があがる運用案件があります。基本的には、規模が大きくなればなるほど、運用益は、大きくなるというのが、PPP運用の特徴になります。

このような大きな価値があることで資金運用できる仕組みがあることから、資金を提供できるスキームを組むことができる言えます。

すなわち、世界経済は、PPP運用というスキームをつかって借金を伴わない資金を市場に投入しているといえます。

資金提供者も何もなしに、ただ、資金を出しているだけでは、資金がすぐに枯渇してしまいます。
当然、このPPP運用のスキームがあるので、資金を出してももとに戻すことができるということが言えるのです。

すなわち、世界は、価値があることで資金を生み出すことができる仕組み、PPP運用があります。これは、信用創造による資金の作り方になります。

多くの日本人経営者は、FRBのPPP運用資格者が行っているPPP運用について理解してる人が非常に少ないことが言えます。

当ブログの読者の中でもPPP運用を追いかけて海外まで行ったという方もいましたが、PPP運用は、金融自由都市などで特別なサービスとして募集されているケースがありますが、一般的な募集はされていないので、そのことに通じるコンサルタントとコンタクトをとって運用に参加しなければいけないです。

筆者の知人の外国人コンサルタントも時々個人向けのPPP運用について連絡を頂きますので、詳細について聞く機会がありますので、この制度について理解をしてきましたが、普通に生活していれば、この世界の情報を知ることがありません。

世界では、大統領や王室などの近くには、特殊送金、運用チームが存在しており、そのような人たちには、特殊金融に精通した人たちが特殊送金、PPP運用といった仕事をしているチームが存在しています。すべて、非公開で仲間内で情報を回しているいるのが、一般的です。

さて、このような送金、PPP運用の世界ですが、概要を理解しなければ、世界経済は、どのように発展していくのか理解できないと思います。

すなわち、特殊な国際銀行ネットワークおける送金による資金の生み出し方があるのです。

この世界は、非常に魅惑的な世界といえます。

日本には、企業育成資金というネーミングで募集をしていますが、これは特殊金融、送金とPPP運用の世界です。
これが、本当の世界経済を作っている仕組みになります。

企業育成機構@MSA総合研究所より