実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

価値のある人物は、信用創造の世界では、資金を生み出すことができる。

企業育成資金について、解説しています。

企業育成資金は、米国FRBの資格を有したPPP運用トレーダーが行っているPPP案件があるので、存在できるという説明をしています。PPPというのは、1930年代、ケインズの提唱によって始まった銀行券の中期債のトレードによる収益モデルです。これが基本になっています。PPP運用というのが、信用創造による資金の生み出し方、すなわち、通貨発行権に関係する案件になります。 この部分が非常に重要になります。なぜ、企業育成資金への申込みをすることが、令和の所得倍増計画の実現に重要かといえば、これは、借金を伴わない資金を生み出す方法であるからです。しかも、価値に対して資金を生み出すことができる打ち出の小槌だからです。

世界中で同じ条件で行われているPPP運用ですが、日本は、主催者が資金、先出することで、まとまった資金を申請者の企業経営者に資金て供します。PPP運用というのは、保証されれた価値に対する運用益がトレーダーによって保証されています。よって、資金提供者は、先に資金をまとめて出しても、運用満期になれば、まとまった資金が戻ってきますので、先出しで資金が出せるということが言えます。すなわち、企業育成資金というのは、PPP運用で申請者のもっている価値に対して、資金をうみだすことができる制度があるので、その価値に対して、申請時に資金をまとめて提供するという制度です。すなわち、この制度に申請して資金を受け取ることができる企業経営者は、なにも悩むことがないのです。FRBのPPP運用トレーダーが決めた価値による運用によって資金が作られるので、申請者に対して資金提供できるということです。すなわち、名義人としてこの案件に参加することで、申請者の資金が信用創造によってPPP運用トレーダーによって資金が生み出されれていることになります。

すなわち、企業代表者=企業価値⇒PPP運用における価値から現金化する⇒(主催者)資金提供が資金を提供することができる⇒企業代表者が遠慮なく資金を活用できる。

というルールになります

企業代表者は、所属企業と同等の価値がある とPPP運用の世界では、このような定義があります。 価値がある人物は、価値に対して、資金を掘り起こす事ができる制度がPPP運用になります。

正直、そんな価値でなぜ、巨額な資金を生み出せるのか?と疑問に思うかもしれませんが、そこを悩み始めると回答がなくなります。すなわち、人類は、信用創造によって資金を生み出すことができるルールで資金をつくると決めたことで、価値があれば、資金を掘り起こせるというルールに決めたと思ってください。それができるのは、非公開で行っているPPP運用トレーダーのみです。

これが、ポイントになります。

日本では、そのサービスをおこなっているのが、企業育成資金ということになります。
これは、PPP運用に関して言えば、これは、全世界で募集されている案件になります。ただ、特殊な資格がなければ、送金規制がありますので、だれでもできる訳ではありません。これはすべてがライセンスをもって行う仕組みになります。

ある意味、これは、特殊な金融サービスであると言えます。よって、資金の属性を知りたいということを聞かれる人に回答を言えば、これは、銀行の資金ということになります。

このような制度で資金が生み出す仕組みがあるということを知れば、何も遠慮することがありません。どんな資金ですか?この資金を受けたらどうなりますか?といろいろ不安な声がありますが、答えを言えば、「申請者ご自身の価値により、PPP運用トレーダーが信用創造から資金を掘り起こした資金であるので、これは、申請者ご自身の価値のお金ですから、何も遠慮することがないのです。」と言うことになります。

そこまで説明すれば、話が理解できてきたかと思いますが、お金は、価値があることで資金を生み出しています。

ただ、このような制度で世界はお金を生み出していることをあまりに知らないことが、日本経済の衰退に影響しています。
価値のある人物は、資金を生み出すことができる。それをサポートしているのが、企業育成資金ということになります。

ご理解いただけましたか?

企業育成機構@MSA総合研究所より