実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

PPP 運用の常識を知ることが重要である。

企業育成資金について説明しています。

企業育成資金というのがなぜ資金が捻出できるかといえばこれは価値に対して運用ができるという PPP という運用の案件があるから出来るのです。

すなわちその価値が運用ベースに乗らなければ資金は出せないということになります。

 

考えてみてください何もなしにお金をどんどん出すということをすれば資金提供者もすぐにお金がなくなります。

お金がなくなる可能性があることをどんどん出すようなところは普通は存在しません。

 

これは FRB の特殊な運用 PPP というものが存在することによってこの資金が提供できるということを知ることが重要です。

 

今、巷では病院の案件のいろんな基準の話が出ているという噂が聞きましたがこの情報に騙されないようにする人そのポイントは PPP 運用をベースとした企業育成資金以外存在しないということです。

 

PPP 運用というのは基本的に世界基準は5000万ドル以上の資産を有するものに対して運用がかけられると言う基準があります。

すなわち資産価値が50億円以上ということになります。

 

小さいところでもできますという話をして回ってる人がいるという噂を聞きましたが、じゃあ、一体それどうやって資金作るんですかと言いたいのです。

 

これは国際的金融のことを理解していない人はすぐにこの情報に振り回されるでしょう。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より