実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

本当の金融の世界を知れば、企業育成資金の話は、何も不思議ではない。

本来、東証一部の資金金100億円以上、銀行の本資金(企業育成資金)を中心に案件を行わなければならないのですが、病院の案件が東証一部や銀行の案件より、ハードルが低いと思われるのか、話が盛り上がっています。たしかに、過去に申請して資金が出なかったということで、「昔からそんな話10回以上聞いたがそんな話は信じられない。」などと言われたという話を耳にしましたが、今回の育成資金の案件は、非常に明確な条件提示です。

民間病院で350床以上、資産が50億円以上あること、赤字決算でもOK、など、明確な条件を提示しています。これは、ベースに医療機関むけのPPP運用の案件がベースにあることになります。筆者も日々説明を求められて動いていますが、世界には、資金の作り方というものが存在しており、その仕組を理解すれば、この案件のほんとうの意味が理解できると説明しています。

ただ、単に資金者が資金を出すから、育成資金に申し込んでくださいと話しても、もうそんな話何十回も聞いたよということを言われます。日本は、戦後復興期から現在に至るまで長年、企業育成資金の制度をおこなっていますが、その実態についてあまりに理解していなかったことで、不信感を持たれたということが言えます。

これは、この資金の属性が、銀行の資金であり、同時にPPP運用という運用ベースに乗ることが企業育成資金に申請できる条件ですと、わかりやすく金融について説明すれば、多くの人が理解を示します。たしかに、馴染みのない信用創造による資金の作り方という世界ですが、この制度について理解ができれば、世界でももっとも美味しい運用案件であり、同時に世界でもっとも美味しい資金調達の方法であると言えます。

筆者も海外で特殊金融の世界を探求していましたので、この世界については、ある程度精通しています。

特殊金融の世界を追いかけて世界を飛び回っている人がいますが、この世界で、もっとも美味しい案件は、PPP運用と、送金と言われるWIRE CASH Transfer という案件です。

筆者の周囲の人達にも、毎日、世界の金融のからくりがどうなっているか説明していますので、随分理解をする人が増えています。そろそろ日本のPPP運用で日本経済は、復活する日も近いと思います。

企業育成機構@MSA総合研究所より