実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金を理解する上でこの部分が分からなければ無駄な努力になります。

企業育成資金についての話を書いています。

企業育成資金というものは基本的にはアメリカの FRB の資格を持ったトレーダーが行なっている PPP 運用というものに参加できる方が条件になります。

 

基本的にはこれは世界標準の概念で5000万ドル以上の資産を持ってる人は大きな運用に参加できるという風になっていますので日本円のベースで言うと50億円以上の資産があることというのが最低条件です。

 

特に病院の案件で相談が多いのは基準に満たないですけどもなんとかできる方法はありませんか、という話は結構あるのですが基準が満たないということは、すなわち PPP の運用にかけられないということは資金は生み出せないということで、これは対象外になります。

 

非常にシンプルな話しです。

 

PPP 運用というものは、その価値に対して資金を生み出すことができるという特殊な運用方法です。

ーーーーー

何度も言いますが企業の価値は企業の代表者と同等の価値があるという定義があります。

企業の価値が50億円以上あることはその代表者は50億円以上の価値があるということになります。

その価値によって資金を生み出すのが PPP 運用です。

ーーーーー

 

価値の基準は大きな資産価値があることが条件になります。

その最低基準が5000万ドル以上すなわち日本円で言う50億円以上になっているわけです。

これは世界標準でそのようなルールが決まっていますのでこの条件に満たないところはどう頑張っても資金調達ができないということがいえます。

 

ですから企業育成資金という風な考えで言えば困っているところを助けないといけないのではないかという風な情緒的な話を訴えられますが、金融というものは全て数字とルールでしかありません。

よって、それに適合できなければ参加できないということになりますその辺は情緒とか感情とかお願いでは解決できない問題です。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より