実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成機構の支部運営についての質問に対する回答

企業育成機構の支部運営についてとある方から質問がありましたのでそれについてひとつブログを書きたいと思います。

 

企業育成機構は企業育成資金の友の会として各地で支部を作ってもらっています。

 

支部リーダーの中でも積極的に動いている方は自身の多数の友達に話しかけている場合があり支部の中でも小さい支部がまた出来て行っているというケースがあります。

 

その場合はどのようにして運営すればいいですかという質問がありました 

 

企業育成資金の支部はいくつ作っても問題はありませんが支部の下に1班とか2班というふうに支部名称の下に枝番をつけることも一つの方法だと思います。

 

企業育成機構

○○支部 3班  など

 

そうすれば支部のメンバーが色々枝分かれして行ったとしても管理しやすいと思います。

 

また案件が成功した場合には支部全員を支える必要があるのかという質問もありましたがこれは支部のリーダーの判断に任せます。

 

案件を仕上げた時のメンバーだけで考えるのかもしくは仲間を応援してあげるのかそれはそれぞれ人の考えでいいと思います。

 

企業育成機構というのは企業育成資金に関する友の会でもありますが基本的には資本主義社会を発展させるための支援団体であるという大義名分があります。

 

よってこの案件を行うメンバーは企業育成機構の人格なき社団のメンバーとして日本の経済の発展及び資本主義経済を支援する人の集まりすなわち遮断ということになります。

 

ですからこの案件を仕上げるということも目的ですがそれ以外の部分でも日本の発展を支援するのはわれわれの仕事だという熱い思いがあればその組織を運営していくかはそれぞれのリーダーの判断になります。

 

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より