実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

PPPプラットフォームを考察すれば、資本主義社会の原点が見えてくる。日本経済の復活は、この銀行システムを理解せずして解決はなし

PPP運用についての話を書けば、これは世界で統一されたプラットフォームで実施されていることになります。PPP運用だけ見れば、日本独自のものがないのですが、ただ、日本で企業育成資金を申請するメリットの最大の特徴は、これは、日本への送金をするにあたり問題がないことがいえます。

筆者も海外で15年以上ビジネスをしてきましたので、海外の銀行対応が大変なことはよく知っています。多額の送金をするには、今はマネーロンダリングについての調査も厳しくなったために、送金理由がなんであるかなど細かくヒヤリングされます。そのためにその都度、銀行へ出向いて説明を求められることがあります。

筆者は、PPPだけの話であれば、日本だけの話ではないので、これは外国でもPPPは募集しているので、そのプラットフォームに参加してもいいのではないかとおもっていますが、ただ、日本で資金を使いたいとなれば、日本への送金の問題が発生します。また、税負担についての問題もありますのでその点をすべて解決して、しかもPPP運用益から計算して先出しで資金提供してくれる日本の企業育成資金のサービスは、日本人がPPP運用から資金調達をしたいという考えであれば、一番いい制度だと思っています。

結局、海外でPPP運用を経験した人は、日本人の中でもいますが、その運用益を直接日本で使う事はほぼないと思います。多くが、キャピタルゲインについての非課税地域でタックスヘイブンといわれる国や地域を利用して資金を保管している場合があるかと思いますが、わざわざ税率の高い日本に送金する人などいないと言えます。よって、なぜ、日本が借金を伴わない資金が不足するかの一番の理由は、それは、PPP運用で生み出した資金を日本に送金しないからです。

PPP運用のトレーダーに話を聞けば、世界のどこでも運用益は、毎週送金しますということです。しかし、それぞれの国で発生する税金は、支払ってください。ということになります。

そうなれば、多くの人は、考えることは皆同じです。キャピタルゲインに対して非課税の国や地域に資金を保管しようと考えます。国によっては、相続税も存在しない国もありますので、資金の運用を考えたらそのような国を利用したほうがいいとなるのは、人の心理です。

 

PPP運用の資金を日本で使いたい場合の話をすれば、一番メリットの高い金融商品を提供しているのは、日本の「企業育成資金」になります。


メリットとしては、
1,申請が日本語だけでできる。
2,外国の銀行対応が必要なく日本の銀行のみで対応
3,本部が税務処理をしており、免税処理をしている。
4、資金が先出しで一括で先にもらえる。
5,PPP運用の海外送金などの面倒な手続きが必要ない。

 

すべてが、日本で日本語対応で行われ、手続きも簡単です。

あと、非公開で募集はしていますが、本筋の資金本部に依頼すれば、資金に関して言えば、面倒なことは何もないと言えます。

 

多額の送金を自由にできるかどうかは、すべて国際ライセンスが関係していますので、日本に事務局があってサービス対応をしているということはメリットが有るのは当然です。

筆者は、そのことを伝えています。

 

筆者も、この手の国際金融の世界の話で過去に世界あちらこちらと訪問して銀行対応をしてきましたが、正直面倒です。


なぜ、最終的に企業育成資金の制度がいいのか、という結論に達したのは、日本語対応で日本のみで対応可能なビジネスモデルが構築できるからです。

 

筆者は、たしかに企業育成資金という補助金助成金的サービスのように日本では宣伝されていますが、実際のからくりを考えて、ビジネスとして捉えたときに、どんなメリットが有るかを考えた上で、外国での対応を考えるより、日本のほうが間違いなく、簡単であるという判断から日本の企業育成資金の案件、すなわち、日本版PPP運用プラットフォームの案件に力を入れることにしました。

 

正直、世界の特殊金融の世界からいえば、日本はガラパゴス的で変わった表現や説明をしていますが、これも日本独自でいいのかなとおもっています。


しかし、知識不足である日本の経営者が多いことは否めません。

 

たしかに、この制度については、学校教育もされることなく、同時に、なぜか日本ではタブー視されていますので、このことに触れる人が少ないことが言えます。巷では、間違った知識だけ広がっていると言えます。

 

そのような状況下で、このカオス感満載の市場に、手を出そうと思ったのは、日本の企業育成資金は、完全にPPPプラットフォームをつかった日本版ビジネスモデルが確率しているからです。実は、便利です。

 

これは、世界の外国の状況をしって、日本の実情を知れば、内容がよく理解できます。

 

筆者は、いろんな角度から考察をして、日本の企業育成資金の仕組みについて研究しているので、この制度について良さがわかるのです。

 

たしかに、PPPの世界は世界的に非公開で募集はされていますが、実在する案件になります。

 

筆者は、1000回を超えるブログの更新を通じて、本制度について説明しているのは、日本独自の文化として発展した企業育成資金の世界については、正直面白く魅了される部分があります。

 

「これって、PPPプラットフォームを用いた資金提供モデルでしょう」といえば、それだけの話しになりますが、この話を今まで如何に奥深く説明してきたか、また、日本独自の制度で、資金の仮払いをして資金管理者の話など、これも、過去は、海外送金が瞬時にできないということで、仮払いをして管理者が預かっていたのか思いますが、独自の世界がある日本の企業育成資金の話は、影の日本史で語られる話題としては最高な話です。

 

ただ、現在は、この制度も世界のプラットフォームに近づいたといえます。過去のように何人も資金管理者という仮払いをして多額の資金を管理する制度はなくなり、資金本部で一括管理という制度になったということです。

 

すなわち、これは、国際ライセンスが必要な案件になりますので、世界のプラットフォームに制度になったということが言えるのではないでしょうか?

 

PPPプラットフォームを用いた資金調達に関する案件は、非公開案件であるのは、今も変わりありませんが、制度事態は存在するわけですし、このことが資本主義経済の発展に寄与するのは間違いない話であります。


よって、私達は、企業育成機構を立ち上げて、資本主義社会発展に寄与する活動をおこなうことは間違った行動ではないと言えます。

 

本当の資本主義経済というのは、これは、前回のブログでも説明しましたが、銀行家によって作られた社会システムであると言えます。

 

すなわち、社会システムであるのですから、どのようにすれば、最短距離でいい結果が出せるかは、当然、社会システムを構築した人の考えを解析すれば、答えが見えてきます。

 

経済は、政治ではありません。答えは、銀行システムです。銀行システムがあり資本主義社会が成り立っているのです。これを知るべきです。ですから、銀行システムの最高峰案件であるPPPが重要と説いているのです。


企業育成機構@MSA総合研究所より