実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

打っても響かないジレンマとの戦い

企業育成資金の話を進めていく上で、この資金について多くの方が勘違いしていることが言えます。

特に例の◯資金ということを言われるということですが、戦後の復興財源は、基本的には米国のPPP運用によって資金を作り資金提供されてきたものです。

これは、貨幣論ケインズが提唱して、中央銀行における資金の必要性は、長期債よりも中期債の必要性が高いということで、この特殊な運用方法を中央銀行間の資金の生み出し方として作られたということです。そんな貨幣論の歴史は、中央銀行の歴史を研究している学者の先生のほうが詳しいと思いますが、そこに論点がなく、PPPという運用方法は、打ち出の小槌として資金の生み出す方法があるということを知ることが重要です。

いい話をしても、なかなか信じてもらえないということを言われるケースがありますが、表にはなっていませんが、世界の金融にとって重要な資金提供の制度について理解をしなければ、日本経済の発展はありえません。

PPP運用があるから、企業育成資金で資金提供が可能だと言えます。これは、現在は全世界で募集されているプラットフォームになります。

日本は、製造文化では、ガラパゴスと言われいますが、金融の世界でも、完全に離れ島で情報が届かなければ、世界の資本主義社会のなかで生きていけないですよね。
困ったものです

企業育成機構@MSA総合研究所より