実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

あと一週間で病院の案件は締め切りになります。

企業育成資金の説明を書いています。

 

短期間限定で募集されている病院の案件来週の10月31日をもって締め切ります。

ちょうど残すところ一週間となりました。

一週間以内にご連絡いただき申請をしなければ次回の募集はいつになるか分かりません。

 

もしこの機会に資金調達をお考えの医療機関ベッド数が350床以上の病院資産の部の合計が50億円以上という条件がありますが、そのような条件を満たしている病院の理事長は申請できますのでぜひこの機会をご利用ください。

 

企業育成資金というのはアメリカの FRB の許可を持った PPP トレーダーによって価値によって生み出される資金運用によって資金が作られます。

この資金はどのような資金ですかというふうなご質問も多いのですがこの資金は銀行の資金です。

 

PPP というのは連邦準備制度である FRB が関与して行なっている案件で日本国内で行われている案件ではありません。

PPP は世界中同じプラットフォームで募集されて総資産が50億円以上米ドルで5000万ドル以上の資産を有する方を対象に資金提供を行っている案件になります。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より