【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

PPP について理解をすれば育成資金の内容もよく分かります

企業育成資金の話をしていれば昔の制度からイメージが脱却できないで苦労している人を見ます。

 

すなわち仮払いで多額な資金を管理している資金者という立場の人が資金を提供しているというイメージがこの育成資金にあります。

 

現在における企業育成資金はこれは PPP と言われている FRB の資格を持ったトレーダーが行う運用案件それと特殊な送金の許可を持った銀行口座を使って行われています。

 

これは日本だけで行われていることではなく他の国でも同じような制度は存在します。

 

PPP 運用のプラットフォームは今は世界共通になっています。

 

正しい日本の育成資金の本部が募集している案件は日本独自の内容になっています。

 

これは過去からの育成資金の経緯を引きずっているからだと考えられます。

 

国際的ルールでは、PPP に関して言えば実際にその資金の送金先が法人であっても個人であってもどこでも大丈夫という風にはなっています。

 

ただ日本の場合は東証一部企業や銀行の場合法人に対して巨額な資金が入金されれば、この資金は一体何のお金かということで疑問視されるので、代表者個人に入金するという手法とっているのでしょう。

 

これは、昔からの伝統があるので、そのような経緯になっています。

 

FRB の PPP トレーダーが送金先は運用者自らが指定できるようになっていますので、必ずしも個人でなければいけないというルールは本当は存在しません。

 

ですから、この資金はなぜ個人に送金するのですかという風によく聞かれるのですが、これは日本独特の外部にわからなくするための配慮であると言えると思います。

 

個人口座に入金した場合ですと、その個人が外部に話さない限り、全くこの事実がわかりません。

 

法人口座に送金されれば、多くの方がそのことを知ってしまいます。

 

それでは説明に困るということがいえます。

ですから PPP 運用を用いた企業育成資金の場合でも個人に対して資金を提供するというルールで行なっています。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。