実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

PPP について理解をすれば育成資金の内容もよく分かります

企業育成資金の話をしていれば昔の制度からイメージが脱却できないで苦労している人を見ます。

 

すなわち仮払いで多額な資金を管理している資金者という立場の人が資金を提供しているというイメージがこの育成資金にあります。

 

現在における企業育成資金はこれは PPP と言われている FRB の資格を持ったトレーダーが行う運用案件それと特殊な送金の許可を持った銀行口座を使って行われています。

 

これは日本だけで行われていることではなく他の国でも同じような制度は存在します。

 

PPP 運用のプラットフォームは今は世界共通になっています。

 

正しい日本の育成資金の本部が募集している案件は日本独自の内容になっています。

 

これは過去からの育成資金の経緯を引きずっているからだと考えられます。

 

国際的ルールでは、PPP に関して言えば実際にその資金の送金先が法人であっても個人であってもどこでも大丈夫という風にはなっています。

 

ただ日本の場合は東証一部企業や銀行の場合法人に対して巨額な資金が入金されれば、この資金は一体何のお金かということで疑問視されるので、代表者個人に入金するという手法とっているのでしょう。

 

これは、昔からの伝統があるので、そのような経緯になっています。

 

FRB の PPP トレーダーが送金先は運用者自らが指定できるようになっていますので、必ずしも個人でなければいけないというルールは本当は存在しません。

 

ですから、この資金はなぜ個人に送金するのですかという風によく聞かれるのですが、これは日本独特の外部にわからなくするための配慮であると言えると思います。

 

個人口座に入金した場合ですと、その個人が外部に話さない限り、全くこの事実がわかりません。

 

法人口座に送金されれば、多くの方がそのことを知ってしまいます。

 

それでは説明に困るということがいえます。

ですから PPP 運用を用いた企業育成資金の場合でも個人に対して資金を提供するというルールで行なっています。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より