実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

時代の変化で過去のものになった資金のはなし。

企業育成資金の話をしています。

企業育成資金の話をすれば戦後復興とこの資金についての関係性についてよく話題になります。

またこの資金に関する財源が旧日本軍のものや財閥や皇室のものなど色々な財源がベースとなってそれをイングランド銀行で信託して運用しているものというフレーズで説明してきました。

この制度は一昨年の年末で終了しているということです。

すなわち日本に仮払いで大きく資金を預けていたものは回収されて現在はその資金は動かせなくなっています。

 

ですから、過去でいう戦争における戦利品等に関する資金というものはもう今は関係のない話になってしまいました。

 

都市伝説してしてはこの内容は面白いと思うのですが時代とともに世界の金融制度も大きく変わってきています。

すでにサンフランシスコ講和条約を締結後70周年を迎えており過去の戦争とお金というものとの関連性もなくなってきたと言えます。

現在においては PPP すなわち Private placement program における資金提供になります。

これは1930年代貨幣論の著者でもあるケインズが考案した資金の作り方になります。

信用創造における資金の作り方というもので資金提供しています。

ですから日本特有の資金の制度については今は過去の話となりました。

 

企業育成機構

MSA総合研究所より