実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

10月末に向けての動き

企業育成資金について説明しています。

10月31日締め切りの病院の案件が今非常に忙しく動いています。

だいたい夏休みの宿題みたいなもので、8月31日になったら焦るみたいな感じです。

 

前もってゆっくり準備すればいいのですがギリギリになったら皆さん慌てるようで、こちらは対応も非常に大変な状況になります。

 

緊急で対応してほしいという話も色々出てきていますが、直接電話でお問い合わせいただいてやり方については指示をします。

 

今週の日曜日までの案件ですから出来る限り対応するようにします。

 

11月からは病院の案件はありません。

 

東証一部の資本金100億円以上そして銀行そして信用金庫の預金高3000億円以上の安定になります。

信用金庫の案件は今年の年末で終了予定という連絡が入っています。

ですから信用金庫の方で資金調達を考えている場合には今年年内に案件を終わらすようにしてください。

 

日本の金融機関への方針で将来的には信用金庫も地方銀行と合併するという方針が出ていますので信用金庫いつまで支援するかということが議題にあがっています。

 

よって今年の年末までというふうな方針で動いているということです。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より