実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

過去に一生懸命活動した方からこの案件で再度チャレンジしたいという相談もあり

企業育成資金について話を書いています。

このブログを通じて多くの方からご連絡いただいています。

過去に企業育成資金について話を聞いたことがありましたが昔一緒にやっていたメンバーが資金側と繋がらなくなったとかいう理由でやめてしまった方も結構多くいます。

 

しかし、一時期はあつくこの企業育成資金についてチャレンジしていた方が、当方のブログを読んで、またこの活動をやってみたいということでご相談を頂いています。

 

基本的には、この案件は非常に難しいのですが、自ら歩んできた中でそのような対象者となるような人脈を形成してる人から言えば、対象者に届く話でもあります。

 

ですから、これは自らの人生でどういう風な人の関係を作ってきたかということが問われる案件になります。

 

基本的には、モラルを守ってこの育成資金について頑張られる方には、来るもの拒まず、去るもの追わずで、我々は対応しています。

 

また実際に案件のある方には、直接お会いして色々お話を伺いこちら側もアドバイスを与えています。

 

案件を成立するようにすれば、大きなチャンスを皆さん得ることができます。

 

基本的には成功するまでは、利益になることはありませんが、別に参加するために加盟金も必要もありませんし、前金も何も必要ではありません。

 

ただこの案件をやってみたいという意気込みと自らの人生で築いた人脈があればクリアできる話です。

 

それをサポートするのが我々企業育成機構及び MSA 総合研究所の仕事になります。

 

当然この企業育成資金から資金調達をしたいと考える代表権のある方も申請費用は1円もかかりません。

無料で参加できて、無料で巨額な資金が得れる案件というのは、地球上探してこの案件以外、存在しないでしょう。

 

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より