実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

PPP のことを知る。これを知らずに資本主義社会が成り立たない

PPP すなわち Private placement program この運用については海外のインターネットメディアでは結構説明はされています。

 

しかしこの実態についてほとんど日本では報道されることもなくインターネットサイト上でも MSA 総合研究所のブログが一番詳しいぐらいで他は少し書いている程度です。

 

PPP について研究していくと実はこれは連邦準備制度とロイヤルファミリーという関係も見えてきます。

 

すなわち、連邦準備制度が通貨を作る基礎となる財源を生み出しているわけですが、その出資者は世界各国にあるロイヤルファミリーが中心となってブレトンウッズ体制下でゴールドを出資したということになります。

 

すなわち、ロイヤルファミリーに対してその出資に対する見返りとして PPP 運用に参加できるという制度を始めスタートしました。

 

そのことが、実は企業育成資金と関係があります。

 

日本のロイヤルファミリーといえば天皇家ということになるのですが、日本の皇室は第二次世界大戦後、皇室経済法によって資産管理をされるようになりましたので自由に自らの予算を持って何かすることはできなくなりました。

 

しかし、日本は連邦準備制度に対するロイヤルファミリーとしての出資国でもありますので PPP の資金の活用ができるという権限は持っていました。

 

その PPP 運用した資金を日本の工業の発展のために活用しようという風になったのが昔から話題になる基幹産業育成資金です。

 

世界的に行われている PPP の根源になる資産というものは世界のロイヤルファミリーが連邦準備制度に出資した資金をもとに運用しているというのがベースになっています。

 

一説にはこの PPP 運用の運用益は1300パーセントになるという風なルールがあるようです。

 

2008年以降一般にも PPP 運用が解放されていますが最近のトレーダーからの情報によると一般向けに出している情報は、米ドルで5000万ドル以上すなわち日本円で50億円以上の資産があれば、週に25%で40週間で1000パーセントというふうな運用益が出るという説明を聞いています。

 

これは口頭で確認でした話ですから実際はどうなるかということを証明することはできませんが大きな資金を PPP 運用によって生み出せることは事実であります。

 

この制度について日本の経済人や日本のトップクラスの人はほとんどを知りません。

逆に知ってる人は皆無と言えるでしょう。

 

ですから、このような大きな資金が生み出せるという話をすれば、例の資金ですか怪しいというふうな話になるのですがただの知識不足です。

 

すなわち PPP 運用から得れる資金は、一定の基準以上の価値を有していれば、10倍以上の資金を生み出せるということになります。

 

日本には、この制度があるので日本経済をいつでも救済できる仕組みはあるのですが、理解するものが少ないというのが問題です。

 

今、企業育成資金の主催する資金本部の方では東証一部の資本金100億円以上そして銀行そして信用金庫の3000億以上の預金高がある企業を対象に、企業代表者様に資金を提供しています。

これは PPPの制度があるので実現できていると言えます。

 

また最近は病院の案件に関しても小さいものは31日で終了するのですが、資産の部が700億円以上ある大手医療法人に関しては年末まで継続するということです。

 

いずれにしろ、日本には世界に負けない PPP の制度を持った資金本部が存在し、そして資金提供を行っていますので、是非この基準を満たした企業代表者様は、この資金を活用して日本を大きく復興させてください。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より