実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

令和の所得倍増計画について語る。

企業育成資金について説明しています。

 

いっ昨日は衆議院選挙がありその開票結果が発表になりました。

現与党が過半数を得ることになり継続して政権は維持されるということになりました。

 

すなわち新しい資本主義社会というテーマでこれからの日本社会が作られていくということになります。

 

また令和の所得倍増計画ということも政権の目標として掲げられています。

昭和の時代の所得倍増計画といえば池田勇人内閣が行った話になります。

 

なぜ統治池田勇人内閣が所得倍増計画を打ち出したかというのはこれはアメリカからの資金を活用したからということをあまり語られてはいませんが日本国内独自の内需だけではそれをクリアするのはなかなか難しいと言えます。

 

すなわち米国からの資金投入があって初めて日本の大きなインフラや大きな基幹産業と言われている製造工場などが作られました。

 

当時は世界銀行が日本のインフラや基幹産業に対して資金の貸し出しを撮るで行い当時の日本開発銀行が中心となって長期借入によって日本のインフラ及び基幹産業の発展を支援したという歴史的事実があります。

 

今おこなっている企業育成資金というものはそれとは内容は違いますが基本的にはアメリカ合衆国連邦準備制度すなわち FRB が行われている PPP 運用による資金調達になります。

 

これも言ってみればアメリカからの資金調達と言えます。

 

ですから池田勇人内閣の時代がなぜ所得倍増計画ができたかというのは池田勇人総理自身は当時アメリカの金融機関である代表団と直接日本経済をどうするかということを大蔵大臣の時代に交渉したのでアメリカからの資金調達ということが実現できたと言えます。

 

現在は政治的な話での資金調達というものはなくなりましたが、今現在においてもアメリカからの資金調達ということで、企業育成資金の資金本部が継続して案件を行っていますので、令和の所得倍増計画は、我々の話している企業育成資金のモデルを使えば今でも可能だということが言えます。

 

すなわち令和の所得倍増計画の事業モデルを成功させるかさせないかということは、我々の活動すなわち民間人における企業育成資金の活動や活用の結果が、令和の所得倍増計画を可能にするかどうかということを決めます。

 

普通貿易黒字で何兆円という資金を昼には非常に大変な量の商いをしなければいけません。

しかし企業育成資金を活用すればそのような大きな難聴炎という単位の資金を条件を満たした申請者が申請するだけで資金を調達することができます。

 

これは金融マジックと言い方をすればそうかもしれませんがそれだけ大きな運用益を産む仕組みがあると言えます。

 

企業育成機構 MSA 総合研究所より