実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

企業育成機構の名称について(名刺の作り方)

企業育成機構の名称について(名刺の作り方)

f:id:shoukan:20211107113925j:plain

企業育成機構 ロッジ名称について

企業育成機構の名称について(名刺の作り方)

企業育成機構の支部及び会派の名称については、地名を使用しないといいことにしています。

各自支部リーダー、会派リーダーが自らの事務所などを拠点にして活動している場合もありますので、その場合は、その事務所のある地名を○○ロッジ という名称で使っても良いことにします。

筆者の場合は、

企業育成機構 やたがらす支部になります。

筆者も中小零細企業の経営者でもありますので、事務所は東京都港区麻布地区にありますので、

「麻布ロッジ」という名称を使っても良いと言う意味です。

名刺にどう記載したら良いのか?ということをよく質問されるのですが、

筆者の場合

____________
企業育成機構
ヤタガラス支部

支部長 ○○ ○○

(麻布ロッジ)
東京都港区麻布地区
TEL 000-0000-0000
____________

よって、支部名称とロッジ名称(地名)を使うことができます。ロッジは、英語で小屋という意味、また、地方支部などの意味があります。

よって、筆者の場合は、麻布ロッジでといえば、筆者の会社の事務所のことを指します。

なぜ、そのようなことを書くのかといえば、企業育成機構のメンバーの多くが中小零細企業の経営者も多く、自ら商売を行っているが、別事業で企業育成機構の案件を行っているという方が大多数です。
退職後、時間の有効利用で、企業育成機構に参加しているという方もいます。

参加されている方は、参加事情は、いろいろありますが、いずれにしろ、これは、民間人における商工メンバーによって行われている活動が、企業育成機構の集いということになります。

支部名称を書かない場合は、


_____________
企業育成機構

正会員 ○○ ○○

(麻布ロッジ)
住所 東京都港区麻布地区
TEL 000-0000-0000
_____________


という形で名刺を作って案内をしてもいいです。

名刺のキャッチフレーズに「NEO計画を実現を!」と書いてもOKです。

_____________  
NEO計画の実現を!
企業育成機構

正会員 ○○ ○○

(麻布ロッジ)
住所 東京都港区麻布地区
TEL 000-0000-0000
_____________

書き方は、自由です。地名を入れる場合には、○○ロッジ という名称にしてください。


企業育成機構
MSA総合研究所より