実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成機構の掲げる「NEO(ネオ)計画」について

企業育成機構の掲げる「NEO(ネオ)計画」について

f:id:shoukan:20211107100541j:plain


NEO計画は、ニュー エコノミック オーダーということになります。新しい経済概念を植え付けるということで、話をしています。資金調達に関しては、借りるより、運用による資金調達をする。すなわち、借金よる資金調達をやめて、PPP運用による借金にならない資金による資金調達を常識化するという作業になります。

これは、お金の対する調達方法の考え方を大転換冴えるということになります。この意識が芽生えれば、日本の借金問題が解決する方向に向かいます。すなわち、政府財政のプライマリーバランスの正常化が可能になります。それを支援するのは、企業育成資金というPPP運用から資金調達をすることができる制度の導入を支援する企業育成機構の役目になります。

これは。国家にとって非常に助かる仕事になります。

新しい資本主義というのは、資金調達は、借金でない、資金調達を当たり前にするということです。今、ベーシックインカム論議されていますが、ベーシックインカムの概念を認めるという世界的動きは、これは、借金ではない資金の投入を世界が認めていることになります。それを実現するには、PPP運用という通貨発行権に関する制度をどんどん活用するということになります。

金本位制度から信用創造の世界に資金の生み出し方が代わり、現在、ほとんどの世界の銀行ネットワークがつながったことで、今度は、PPP運用による資金の供給が強化されれば、借金ではない資金が市場に投入され、人は、借金、金利の返済という苦しみから開放されます。

すなわち、通常の金貸しのビジネスは、時代の転換期でかわることになりますが、ですから、こんな時代ですから、金融機関、銀行、信用金庫は、企業育成資金から資金調達をいま、行っておく必要があります。

将来的には金貸し、金利商売というのは、消滅する可能性も高まります。これは、世界はベーシックインカムの望む時代になっているからです。次の時代は、借金からの開放と、そして、資金がないから苦しむという世界からの開放になります。現在のような不況において、人は社会不安から金を使わない時代になっています。そのために、多くの産業が成り立たない時代になっています。

これは、企業努力の問題というよりも、借金ということで資金調達をして作り上げる社会構造、旧来の金融システムにおける資本主義経済の限界が近づいている言えます。お金の概念が変わる時期に差し掛かっています。

そのことについて理解をして、今行動できる人は、次の時代をつくることができる人ではないかと思っています。

時代の転換期、すなわち、借金から、借金でない資金調達の方法へ世界は移行していきます。それを支える仕事をするのが、企業育成機構のメンバーの仕事になるわけです。


企業育成機構
MSA総合研究所より