実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

世界で一番魅力的な制度であるPPP運用について

世界で一番魅力的な制度であるPPP運用について

f:id:shoukan:20211115132343j:plain

PPP運用の基本同意書


___________


Not less than 25% per week for anything above 50M

Money does not need to be sent away from owners  account
Funds will be in his account
 This is the procedure, if you have a client for a short term PPP.
 Funds can remain on his account which will be "mirrored"!
 No Swift transfer, blocking etc. required
Only genuine ones pls no fakesFrom 
1M USD

Required Docs:  
- CIS
 – Current POF (no later than 5 days)
– LOI  
- Copy of Passport
___________

一般的なPPP運用で必要な書類というのは、上記の通りです。

最新の情報では、PPPのショートプログラムがあり、その場合は、このような仕組みで行われています。

USD5000万ドル以上であれば、週25%以上の利益で運用できるということになります。

ここで注目される内容は、

 Funds can remain on his account which will be "mirrored"!
 No Swift transfer, blocking etc. required

というルールです。
口座にある資金は、SWIFT MT799でミラーで監視しているので、電信送金する必要はありません。ということですから、口座に残高があって放置しているだけでOKです。


これは、日本には関係ないのですが、海外チームのPPPについてです。筆者の友人の外国人トレーダーが行っている案件になります。PPPは実在するということで申込書類を添付しました。

必要な書類に関しては、
_____
CIS⇒口座情報
残高証明 5日以内
LOI 基本同意書
パスポートのコピー
_____

 

f:id:shoukan:20211115135119j:plain

口座情報

f:id:shoukan:20211115135145j:plain

 

ということになります。

世界的に同じ条件でおこなっています。
すなわち、例えば、40週間の運用をすれば、1000%以上の利益がでます。一節には、1300%という話ですが、詳細はOPENにされていません。簡単に言えば10倍以上の資金ができるわけです。

このような魅力的な運用案件があるので、資金提供をしても全く問題がないことになります。1あるものが10に増えるのですから、資金提供者も問題なく資金が出せると言えます。

PPPの存在が理解できないという方もいますが、世界的にトレーダーがコンサルタタントを経由して募集してます。

世界の金融について日本の経営者もそろそろ理解をすることが重要です。


この制度がわからなければ、世界の経済戦争で勝つことができません。
PPPの制度をつかって資金提供をしているのが、企業育成資金になります。


企業育成機構
MSA総合研究所より