実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

半導体の支援策は、税金を投入して、政府がするのが正論か?民間財源である企業育成資金を最大限に活用するべきだと思う。

半導体の支援策は、税金を投入して、政府がするのが正論か?民間財源である企業育成資金を最大限に活用するべきだと思う。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6409841

政府は、半導体の支援策を打ち出しています。日本には、企業育成資金という制度があるのですから、この制度を活用しないで、税金に頼る日本の企業支援の制度は間違っています。民間産業支援については、企業育成資金が受けることができない中小企業の支援は、政府支援で行うのは正論だとおもいますが、企業育成資金は、東証一部の資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表者が企業育成資金を主催している資金本部から資金提供をうけることができます。

これは、FRBのPPP運用を用いているために、政府財源ではないので、民間の募集機関(資金本部)が民間機関と連携して募集をしていますが、この制度を活用せずして、大企業までも、税金による支援を求めることは、正直間違いと言えます。

昭和の時代の企業はなぜ、すごかったか?理由は、単純です。

企業育成資金を活用した経営者が、約370件あったということです。

平成の時代は、30年で1件もなく、正直、日本の主要産業は衰退しました。企業育成資金について、理解をせず、また、壊し屋、デマ屋のデタラメ情報に振り回され、「この資金を受けたら大変なことになる」など、壊し屋、デマ屋が宣伝したことが結果、平成は、1件も資金がでなくなりました。これは、世界的に行われているPPP運用からの資金調達案件です。

日本の経営者があまりにこの制度を理解していないことが日本の経済の衰退を招いています。まさに、亡国へまっしぐらの日本です。

知識がないというのは、亡国になるということです。

いずれにしろ、大企業まで税金による支援を政府に求める体質を変えることが大切です。社会主義国ではなく、日本は資本主義国ですから、資本主義国は、銀行システムを利用しないで、どうやって発展するのですか?

そう思います。

半導体といえば、T社などの支援の話をしているとおもいますがそのような企業は、東証一部で資本金100億円以上ありますから、企業育成資金を活用して、資金調達をして、事業投資してください。


企業育成機構
MSA総合研究所より