実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金の案件を進める上で目の前にある問題点について洗い出す。

企業育成資金についてブログを書いています。

 

このブログでは企業育成資金について色々な角度から書いております。

目的は企業育成資金の普及をして日本経済を活性化させることです。

しかしなかなかこの制度が普及しないというところにどういう風な原因があるのかということも精査しなければいけないと考えています。

 

やはりこの案件を壊そうとすることを努力する壊し屋工作員の存在。

壊し屋は大体この資金を受けたら 大変なことになる という恐怖を煽ります。

そしてデタラメな情報を巻くデマ隊チームの存在

手間を言う人達は周囲のブローカーに対してどこどこの社長が資金を欲しがっているというデタラメな情報を巻いて一生懸命活動させておいて最後に言うのはそのような話では繋ぐことができないと言います。

初めから嘘ですからそういう話をばらまけば仲介者が一生懸命サポートするように動きます。

それで無駄な労力をさせて高見の見物をして遊んでいる連中がいます。

そのような情報に振り回される仲介者は無駄な努力をして最後は精神的打撃を与えることを目的としています。

 

最後に面白いのが資金本部は一か所しかないのですが私の資金者の方が大きく資金を出すと言うセリをする人たち。

 

なぜこのようなことをするのかといえばこの企業育成資金を普及させることをやめさせたいと考える人たちがいます。

 

またインターネット等でこの式に対して間違った情報や悪い情報を書いている人も多々見受けます。

 

これは基本的には資本主義社会を破壊する人たちです。

すなわち資本主義社会を破壊する工作員が日本にはいるというのが事実です。

この話は業界では有名です。

よってこのようなことが原因して悪評が立ったというのは否定はできません。

それ以外も日本の金融機関が特殊金融の世界を全くやっていないということも一つの原因になっています。

この資金は銀行が管理している資金ですが銀行で働いているからといってこの制度について理解している人は皆無といえます。

 

よって知人の銀行家などにこのような制度があるのかとか国際金融の中で特殊な運用が存在するのか

このような質問をすることで例えば知人の銀行家がそのことを知らないといえば銀行かでも知らないのだったらこの話はないのではないかと思う人が多いです。

すなわち日本は PPP 運用における後進国と言えます。  また政府のホームページにもこのような資金は内容な告知もしていますのでこれも悪い原因です。

これは政府が行なっているものではなく銀行システムによって行われている仕組みですから政府は全く関係のない話です。

 

PPP 運用というのは FRB の資格を持ったトレーダーが行う案件であってこれは完全に民間のトレーダーとコンサルタントによって行われている案件になります。

このルールは世界どこでも同じです。

ただ日本の場合は戦後復興財源としての企業育成資金という制度があったために少し外国と説明の方法は違いますが基本的には PPP のプラットフォームを使った資金提供になります。

 

そのような負の要素がこの案件には非常に多く企業育成資金を説明しようとする仲介者にとって大きな壁になっていることは事実です。

 

これは時間をかけてこの世界がどういう世界かというのを説明していき知識を増やす以外解決する方法はないかと思います。

 

いずれにしろ日本は PPP 運用における後進国であるという認識が一番正しいです。

この状況を改善させるために私たちの活動があると言えます。

 

企業育成機構 MSA 総合研究所より