【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

日本の銀行サービスがPPP運用を支援するサービスを提供していないことが原因で、この仕組について知る人が少ない理由である。

□日本の銀行サービスがPPP運用を支援するサービスを提供していないことが原因で、この仕組について知る人が少ない理由である。


日本がなぜPPPが普及していないか?の一番の理由について、それは、非常に単純な理由ですが、日本の銀行の送金部は、通常のT/T MT103/202については、行いますが、銀行間のメッセージサービスSWIFT MT760 もしくは、SWIFT MT799のメッセージサービスをおこなっていないことが、これが原因して欧州のPPPプラットフォームを提供している企業が日本の銀行の残高で参加できない理由になっているということです。

日本の銀行に行って、MT799のメッセージを打って、ヨーロッパと連絡してくださいとお願いしたところで、それを対応してくれる銀行がありません。いくら資金があるからといって、PPPに参加できない障壁になっていると言えます。

すなわち、日本がPPPに関しては、後進国であるというのは、銀行送金サービスが提供するサービスがSWIFT MT103/202に限定しており、幅広いSWIFTのサービスに対応していなことが、日本が特殊金融との接続ができていない原因になります。

いずれにしろ、一般的なやり方では、日本の銀行は、PPPに対応するサービスをおこなっていないということが、特殊な運用益が得れる機会をなくしていると言えるかともいます。

今回は、企業育成資金の話とは、直接関係はなかったのですが、この部分でPPPプラットフォームと協力してもらえることが、日本でPPPプラットフォームを活用して資金を調達する手段になります。

いずれにしろ、企業育成資金について、理解を銀行でも示さないという原因は、海外送金におけるサービスが、限定しており、SWIFT MT760 MT799 のメッセージサービスをおこなっていないので、直接PPP業務に関わることが日本の銀行はありません。

それが原因しています。

企業育成機構
MSA総合研究所より

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。