実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日本の銀行サービスがPPP運用を支援するサービスを提供していないことが原因で、この仕組について知る人が少ない理由である。

□日本の銀行サービスがPPP運用を支援するサービスを提供していないことが原因で、この仕組について知る人が少ない理由である。


日本がなぜPPPが普及していないか?の一番の理由について、それは、非常に単純な理由ですが、日本の銀行の送金部は、通常のT/T MT103/202については、行いますが、銀行間のメッセージサービスSWIFT MT760 もしくは、SWIFT MT799のメッセージサービスをおこなっていないことが、これが原因して欧州のPPPプラットフォームを提供している企業が日本の銀行の残高で参加できない理由になっているということです。

日本の銀行に行って、MT799のメッセージを打って、ヨーロッパと連絡してくださいとお願いしたところで、それを対応してくれる銀行がありません。いくら資金があるからといって、PPPに参加できない障壁になっていると言えます。

すなわち、日本がPPPに関しては、後進国であるというのは、銀行送金サービスが提供するサービスがSWIFT MT103/202に限定しており、幅広いSWIFTのサービスに対応していなことが、日本が特殊金融との接続ができていない原因になります。

いずれにしろ、一般的なやり方では、日本の銀行は、PPPに対応するサービスをおこなっていないということが、特殊な運用益が得れる機会をなくしていると言えるかともいます。

今回は、企業育成資金の話とは、直接関係はなかったのですが、この部分でPPPプラットフォームと協力してもらえることが、日本でPPPプラットフォームを活用して資金を調達する手段になります。

いずれにしろ、企業育成資金について、理解を銀行でも示さないという原因は、海外送金におけるサービスが、限定しており、SWIFT MT760 MT799 のメッセージサービスをおこなっていないので、直接PPP業務に関わることが日本の銀行はありません。

それが原因しています。

企業育成機構
MSA総合研究所より