【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

企業育成資金という特殊金融(PPP)を用いた資金提供モデル

□企業育成資金という特殊金融(PPP)を用いた資金提供モデル、

日本では馴染みの薄いPPPプラットフォームですが、欧州には、何箇所かPPPプラットフォームを提供する企業があります。PPPプラットフォームは、銀行ネットワークであるSwift MT799かMT760のメッセージをPPPプラットフォーム企業の所有する欧州の銀行口座に情報を出します。その後、PPPプラットフォーム企業が、銀行テキストメッセージであるMT799かMT760の残高がブロックファンドであるということで、資金が銀行が自由に移動できないブロックファンドであることを証明がでれば、それをミラーリグをして口座監視をして欧州のプライムバンクで資金を出し、PPP運用をするという仕組みです。

別の方法としては、SBLC(スタンバイLC)を発行して、その銀行保証をつけることで、PPPプラットフォーム企業の欧州のアカウント(口座)で資金を動かし、それをもってPPPの運用を行う場合があります。

SBLCを世界のトップ25位にランキングする銀行の物を使い、信用度が高い資金調達を支援することで、PPP運用に参加することができます。

PPPに参加する方法としては、2つの方法があります。

1つは、口座主の管理銀行からSwiftMT799かMT760(銀行保証付き)からテキストメッセージをPPPプラットフォーム企業の欧州のプライムバンクのアカウント(口座)向けて資金証明とその資金がブロックファンド(資金移動が一定期間できなくする)証明をすることで、PPPに参加することができます。

もう一つは、銀行発行のSBLCを利用すること、SBLCは、海外の銀行から資金調達をする際に、担保保証をするLCのことで、このLCをもって支払いをするものではありません。保証金のようなものを銀行が担保するものです。

このSBLCの額面に応じて、それをPPPプラットフォーム企業に提出することで、PPPプラトットフォームは、欧州のプライムバンクから資金を調達してPPP運用を行います。

本日は、PPPについて詳細を説明しましたが、PPP運用という特殊な金融ですが、実際には、欧州では、それをおこなう企業がいくつかあります。

欧州で特殊な運用を行っているということを言われていますが、これは、PPPプラットフォーム企業が提供するサービスを利用しています。

このような制度がありますので、短期間に大きな運用益がつくれることで、大きく資金が提供できるということが言えます。

企業育成機構
MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。