実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

企業育成資金の制度は、運用と送金の特殊金融の世界に精通したモデルによって成り立っている。

□企業育成資金の制度は、運用と送金の特殊金融の世界に精通したモデルによって成り立っている。

最近は、ブログは、PPPの仕組みついて詳しく説明しています。企業育成資金という制度は、PPPプラットフォームが提供している運用プログラムが存在することで、成立していると言えます。

たしかに、企業育成資金の原資は、米国からの贈与金がベースになっていますが、それも70年も前の話であり、その後も、アメリカが日本の工業支援のために、財源を捻出したわけではありません。

それは、一時金としての資金を日本に提供した資金をもとに、欧州にあるPPPプラットフォーム企業に委託をして運用をしたために、現在では巨額な財源が出来上がったということが言えます。

欧州には、何箇所かPPPプラットフォーム企業が存在し、その企業が、PPP運用の多種多様なプログラムを提供しています。
その仕組については説明しましたが、基本は、価値に対して資金を生み出し、資金提供をするという概念になります。

一番簡単な価値というのは、現金ですが、一般的なPPPプラットフォームは、欧州のPPPプラットフォーム企業の管理する欧州のプライムバンクの銀行口座に資金を送金しなくても、第三国の銀行にある資金であっても、銀行ネットワークのSWIFT MT799もしくは、MT760のブロックファンドメッセージをPPPプラットフォーム企業の管理する銀行口座に向けてメッセージを入れれば、そのメッセージを受けて、PPPプラットフォーム企業は、取引銀行から現金調達をしてPPP運用を始めます。

MT799もしくは、MT760のメッセージを使う場合と、SBLCを投資者の取引銀行で発行をして、PPPプラットフォーム企業の取引銀行の口座に対して、SBLCを開き、それをもってPPPプラットフォーム企業は、銀行から資金調達をしてPPP運用をする場合もあります。いずれにしろ、このような仕組みでPPP運用はされるのが一般的です。

PPPプラットフォームにおける運用は、欧州の金融法によって行われています。法律に準じして行われていますので、一般的には、運用期間は、365日、1年を期限にしていますが、延長は可能になります。PPPプラットフォーム企業が提供する長期プログラムには、3年もの、5年ものの契約がありますが、欧州の法律によって、実質的には、ファンドは、1年毎の再更新という手続きを取ります。結論から言いまして、再更新を続けながら行えば、永久的にPPP運用ができるというのが、この仕組のすごいところになります。日本の企業育成資金に関しても、70年近くPPP運用を継続しているということですから、再更新を続けて巨額な運用益が欧州のPPPプラットフォーム企業によって、生み出されていることになります。

PPPプラットフォームによって運用された資金については、条件としては、クリーンなマネーであること、抵当に入っていない資金であること、という条件がありますので、問題ない資金であります。

企業育成資金の資金本部は、長期間に渡って、日本の産業支援をおこなうために、欧州のPPPプラットフォーム企業に委託して資金を運用して、日本の東証一部の資本金100億円以上、銀行、そして、信用金庫、病院向けに資金をつくっていることになります。

その資金を使わないのはもったいないと言えます。
企業育成資金の資金本部のもっている特権といえるのは、PPPプラットフォームで運用されている資金を、申請者である大企業の企業代表者の個人口座宛に送金するわけですが、問題なく免税、免責、免訴をもって送金できるという仕組みをもっていることが、この制度で特筆すべきところになります。

もし、あなたは、巨額な現金資産をもっていれば、PPPプラットフォーム企業とのつながりがあれば、PPP運用はできるかとおもいますが、その資金を多額な資金を日本に送金して戻す際に、免税、免責、免訴をもって送金して資金処理をすることが、企業育成資金の制度を使わなければ、できないということが一番重要なポイントになります。

70年前の歴史的な話を言えば、いろいろ歴史的経緯があり、米国から資金を一時金として贈与されましたが、その資金を長期間運用したのは、PPPプラットフォーム企業に企業育成資金の資金本部が運用を委託したことで巨大な資金ができたことになります。先程も言いましたが、PPPプラットフォームは、欧州の金融に関する法律を使って、PPP運用を行い、資金を生み出してくれます。この運用サービスに関しては、PPPプラットフォーム企業と繋がりがあり、大きな現金資産があれば、参加することができます。この部分には、特別なことはありません。

企業育成資金がすばらしいこは、資金の申請者が、個人的に巨額な現金がなくても資金本部がすでに多額に運用した資金から資金提供を受けることができるという点です。しかも、特殊な送金ルールのなかで、免税、免責、免訴の処理をして資金を受けることができます。

なぜそのような仕組みがあるのかは、本人が資金を受けた際に、最終的には確認できる話になりますが、この制度が欧州の法律をつかった特殊運用と送金に関しては、特権をつかった方法によって、成立している制度であると言えます。そんな制度ができるのか?実態はあるのか?ということをよく言われますが、最後は、ご本人の経験以外で実体験することができませんが、制度については、特別なルールをつかった運用と送金という仕組みで成り立っている制度であると言えます。


企業育成資金
MSA総合研究所より