【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

私募プログラムによる資金調達案件である企業育成資金

企業育成資金についての法的根拠というのはこれは PPP に関するルールになります。

 

PPP から資金を調達しているということは資金の流れが PPP による法令に関係します。

 

日本の国内法だけ見れば PPP に関する法令は一切ありません。

これは完全に外国法によって行われている案件になります。

前回のブログでその内容について詳しく説明はさせていただきました。

 

なかなかこのことに対して詳細の説明を聞く機会もないと思いますので、なぜこのような制度が行われているのかということは、これは私募による募集であるということがポイントになります。

 

私募プログラムによる資金調達案件になりますのでこれは非公開で内容についての詳細は公開されないと言うことになります。

 

簡単に言えば私募プログラムである以上、関係者以外、実際に参加しない限り教える必要もないということになります。

 

この案件について説明すれば不透明な部分が多いとよく言われますがこれは私募プログラムによる資金調達案件であるので大体の概要は説明されますが実際に応募されて受け入れられればこの私募プログラムについて明確な解答が見えると言えます。

 

今年も残りわずかになってきました。

企業育成資金の制度についてはかなり明確にイメージできるように当ブログでは説明してきました。

 

しかし最終的にはこの私募プログラムに参加しない限りは最終的な詳細はわからないというのがこの企業育成資金の仕組みでありこれは私募プログラムによる資金調達案件であると言えます。

 

企業育成機構 MSA 総合研究所より

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。