実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

循環型資本主義経済の仕組みを知ることが企業育成資金、PPP,バンク、プラットフォーム、貿易決済、資金者についてのほんとうの意味がわかる。

□循環型資本主義経済の仕組みを知ることが企業育成資金、PPP,バンク、プラットフォーム、貿易決済、資金者についてのほんとうの意味がわかる。

貿易における取引で、特に原材料や農作物は、現物に対する価値はありますが、それは、市場で売れて初めて現金化されるものです。輸出国から輸入国へ、石油や石炭などの原材料、また、農作物を輸入する場合には、輸入国の銀行が、輸入者がその原材料、農作物が売れるまでの期間、短期間の資金の貸し出しをする必要があります。

これは、貿易が盛んになれば、現物担保(アセットバック)として価値はありますが、それに対して支払い保証する現金が多額に必要になります。その現金を銀行に対して、資金者が借り出しをするという制度が、PPPにおける私募債の商品ということになります。
すなわち、銀行は、貿易船が港につき、L/Cなどで支払いをする場合は、B/Lが発行されて、船が出港した時点で、輸入者側の銀行は、支払いをしなければいけません。貿易額が大きくなれば、それだけ銀行の建て替え金が大きくなります。当然、現金担保からL/Cを切っている場合ですと、問題がないのですが、国際貿易の場合、アセットバック(現物担保)によって資金を貸し出している場合も多く、現金が不足します。それを補うためめの財源を募集しているのが、私募債ということになります。

貿易取引が活性化すれば、アセットバック(現物担保)における商品取引が大きくなり、現金が不足することになります。それを補うということで、私募債として、特別なルールで募集しているのが、PPPということになります。

すなわち、貿易決済における短期資金の現金貸し出しをする財源を、銀行(バンク)に対して金貸しをするというのが私募債であり、それのことをPPPと呼び、その業務は、貿易における港での取引ということであるので、その資金取引を行う場面をプラットフォームと呼びます。

よって、PPPに関して言えば、PPPプラットフォームが企画している案件に参加するということ条件ですが、これは、ドル建て、ユーロ建て、日本円建てなどがあります。

この取引に関しては、貿易決済を行うバンクに対して、資金を貸し出すということで、大きなリターンをバンクから頂くということで、バンクに対して、金貸しをするというのが、資金者という立場になります。

日本において、企業育成資金については、製造業や基幹産業、また、銀行に対して資金提供をするのか?といえば、これは、貿易取引の拡大を支援することが、貿易取引においてバンクが資金を貸し出す市場を大きくするからです。すなわち、そのことで資金を生み出すことができるモデルが存在するのです。

すなわち、貿易取引の拡大が、PPPによる私募債の規模が多くする結果になり、PPPから生み出す資金が大きくなるということになり、資本主義経済における資金の流通量を増やすことにつながるといえます。

企業育成資金という制度を究極に突き詰めていくと、これは、PPPになり、PPPについて突き詰めていくと、貿易取引における港での短期資金貸出に繋がり、それの取引量が増えることが、バンクへの資金の貸し出しモデルである私募債の市場を大きくすることになります。それを繰り返すことで、市場経済の拡大が図れるというのが、この仕組になります。

日本は、戦後貿易立国を目指し、資源が少ない国であるので、加工貿易酷を目指してきました。すなわち、原材料を輸入して、商品を加工して、付加価値をつけて、第三国へ輸出するということを行うことで、国の発展に寄与してきました。すなわち、貿易取引が拡大するということは、バンクにおける現物担保における短期取引をおこなう現金取引額が増えるわけですから、それを支援する資金の貸し出し銀行の現金不足を補填する資金者における現金貸し出しの必要性は増すわけです。すなわち、それによって、資金者は、私募債を購入してそれに対してキャシュバックを受け取るというのが、銀行における頂点の仕組みということになります。

簡単に言えば、プライマリーバンクに対して現金の貸し出しをするというのが、PPPの基本的概念になります。

よって、この市場はクローズされた市場になっており、そこで生み出された資金は、産業の発展のため、社会貢献事業のために使うことを求められます。これは、資本主義経済における経済の発展のための資金の循環として資金を活用する必要があるからです。

企業育成資金で資金を活用できる立場の方は、日本人の中でもごくわずかな人ですが、金が必要であるかなかろうか、日本の資金者名義でPPPを通じて得た利益を、日本の東証一部の資本金100億円以上、銀行の代表権者が資金を使うことで、また、さらなる日本経済の発展につながるわけです。

企業育成資金の財源というのは、本当のところ、円建てなどで貿易取引をしたさいの短期貸付で得た利益の一部を配当する制度によって得た利益ということになります。PPPというのは、バンクに対して資金貸し出す資金者に対して、私募債を購入して、バンクが資金を高利回りで資金を資金者にキャッシュバックするというのが、この制度です。

貿易取引を発展させることで得た利益を、また、基幹産業企業、製造業企業、銀行の経営者にキャッシュバックをして、日本の資本主義の発展に寄与してもらいたいというのがこの制度であります。

この循環型の経済のモデルが理解できますか?

企業育成機構
MSA総合研究所より