実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

PPPついて、深堀りしていくと先進国の経済発展を支援するモデルである

□PPPついて、深堀りしていくと先進国の経済発展を支援するモデルである。


PPPについて、詳しく知れば、この制度が如何に普通のビジネスであるかが理解できる。世間で都市伝説のような話をしているのを見ると、涙が出てくるほど、滑稽な笑い話ということになります。

PPPというのは、ここ最近詳しく説明していますが、PPPを主催しているところを、プラットフォームと呼びます。プラットフォームといえば、貿易をする際に、貿易船から荷物を港におろしますが、港の荷物を下ろす場所をプラットフォームということになります。プラットフォームといのは、荷物という現物と現金との交換を行う場所になります。
その際に、荷物といえば、現物ですから、アセットバック(現物担保)があり、それに対して、支払いを代理するのが、バンク(銀行)の役目で、アセットバックを担保に輸入者がバンクから金を借りて、支払いをして、荷物を、市場で売却して、短期貸付で金利をつけてバンクに資金を返すということを繰り返すことで貿易が成り立ちます。
すなわち、プラットフォームというのは、貿易取引におけるあらゆる資金の必要性があれば、資金の貸し出しをして、中短期での資金の必要性に対応した金利商売をするというのがプラットフォームで行うバンクの仕事になります。場合によっては、先物取引やあらゆる国際貿易において、資金の必要性があれば、プラットフォーム上で必要な資金をバンクが貸し出し、そこで収益を得るモデルが、プラットフォームにの仕事であり、PPPというのは、プラットフォームが行うバンクの金貸しを行う際の、資金を私募債によって、PPPに参加する「資金者」は、PPPプラットフォームがおこなっているバンクに対して私募債を購入することで出資をして、私募債の償還期間で資金が戻ってくるので、そこで利益を得ることができるというのが、PPPに関する本当のビジネスモデルになります。

すなわちPPPの資金者は、貿易取引におけるバンクの仕事に対して、現金不足を補填するために、資金を出し、それによって、バンクが得た、利益から高配当の利益をキャッシュバックする仕組みが、PPPが高配当で資金を得れる理由になります。これは、国際貿易における支援モデルの金融ということになります。

このサポートをおこなっているのが、先進7ヶ国 G7の国々の貿易対してプラットフォームが資金を提供するということになっています。
アジアで唯一、日本が入っています。

G7とは、仏、米、英、独、日、伊、加になります。

フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ です。

それらの国々の貿易を金融面で支援するモデルがプラットフォームであり、その貿易取引から得た、資金が高配当で得れる仕組みがPPPということになります。

これを見れば、わかると思いますが、この制度になにが怪しいところがあるのでしょうか?

すなわち、無知なブローカーが、意味不明な説明をしているので企業育成資金についておかしい話になっていますが、この制度を詳しく理解すれば、これは、PPPであり、PPPというのは、先進七ヶ国における貿易取引おける金融的な側面から支援するモデルを形成することで、そこから得る利益を配当を受けることがPPPによる収益であります。その収益を、企業育成資金の財源として、東証一部の100億円以上、銀行の代表者に資金を渡し、その資金をもって、日本の産業の発展ため、社会貢献事業を行って頂くことは、これは資本主義社会の経済の循環にとって重要なことであります。ここまで説明をして、この資金の仕組みが怪しいと思っている人はないでしょう。知らない、無知であったということで、企業育成資金の活用ができておらず、日本の経済の減退につながっていたことを考えれば、この制度を理解して、日本の経済人は、日本の救済のために資金を活用すべきでしょう。

12月15日が本年度の最終便です。

企業育成機構
MSA総合研究所より