実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

GOLDについての豆知識

□GOLDについての豆知識


日本の金塊と企業育成資金についての話がいろいろ噂されていますが、PPPについての制度は、銀行にある銀行残高、SBLC、GOLDのSKRを用いて、PPP運用ができるということです。

銀行管理された資産の場合、その残高証明や証券を用いて運用することができるのが、PPPということになります。

PPPについては、色々説明してきましたが、銀行が現金資産についてブロックファンドであるという宣言をすることで、西ヨーロッパにあるプラットフォームと銀行が資金を準備して、私募債を購入することで運用を行うことになります。

PPPの運用方法については、バンクに対して出資するというモデル、G7の貿易決済を支援するモデルということで説明していますので、今回のブログでは、詳細については説明はしません。過去のブログを読んで理解をしてください。

PPPについては、フランス法ICC(国際商業会議所)の規約によってきていされている制度です。

西ヨーロッパの銀行グループ(プライマリーバンク)によってPPPは行われます。そのトレードに関しては、コンピューターによる取引になりますので、人間が介在して行うトレードではありませんが、資金者(投資者)の資産に関するデーターは、必要になります。

所有者の資産証明するものは、銀行残高証明【SWIFT MT799(銀行保証なし),MT760(銀行保証あり)】SBLC、そして、GOLDのSKRによる資金証明になります。

SKRとは、ゴールドの所有者の保有情報(残高証明)のようなものです。
基本的には、PPPで使えるGOLDというのは、精錬されてから5年以内のゴールドであることということです。

ゴールドの保管銀行もしくは、保管倉庫どこであり、どこのホールマークであり、いつインゴットにされたか?などの情報が重要になります。

信用が高いSKRとは、世界的に知られている銀行、保管倉庫で発行されたSKRであること重要になります。

信用の高いSKRがあれば、それを資金者がプラットフォームに提出して、その情報を調査した上で、問題がなければ、PPPがスタートされるということになります。

GOLDから現金化する方法というのは、GOLDを売却するのではなく、GOLDを保有していることで、精錬されてから5年以内のゴールド(99.99 フォーナイン)のSKRを用いて、その残高(SKRの資産価値)によってプラットフォームと銀行により現金を用意してPPPをすることで、現金が生み出せるという方法になります。

一般的な常識では、ただ単にゴールドを持っていていても売却しなければ現金化することができませんが、ゴールドの所有権の証明であるSKRを用いて、PPPをすることで、現金化できるという制度があるので、昔から噂であるゴールドによる運用というのは、これは、ゴールドのSKRをもちいたPPPのトレードということになります。

昔は、ドル金本位制度であったためにGOLDのSKRをもちいたPPPは、多く行われていたそうですが、現在では、多様化して、現金預金によるSWIFT MT799,MT760のSWIFTメッセージ(ブロックファンドメッセージ)やSBLC(アセットバック:現物担保、キャッシュバック:現金担保)などを用いたPPPが主流となってきているという話です。

国際金融の世界がわかれば、この制度ついて理解が深まります。

そろそろ、日本人は間違った都市伝説の自縛をとかなければ、日本の経済発展をすることができなくなります。


企業育成機構
MSA総合研究所より