実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

SDGsについて考えてみる。

なぜ PPP というものが行われているかというのを考えていくと結論から言えば持続可能な発展ができる社会を作り上げるということを目標としています。

 

すなわちこれは SDGsに関係することです。

SDGsに関して言えばこれは国連の決定によって17個の持続発展可能な社会を作り上げるということで2030年までに実現しようという計画です。

 

この事に関して WTO 世界貿易機関は支援するということを話しています。

 

なぜそのようになったのかということを説いた出せば結論から言えば戦後復興期は産業の発展を非常に重視し経済を拡大してきましたが格差社会が広がりそして同時に環境破壊が非常にひどくなりそれを何とかしなければいけないという状況になりました。

 

経済の発展は貿易取引の増加によって市場経済を大きくし通過の流通量を増やしていくという基本的概念で資本主義経済の拡大をしてきました。

 

しかし先進国を中心としそれを発展途上国でも工業化が著しく行われ地球環境が破壊されていったと言えます。

 

また経済格差が広がるにつれ資本主義の中で勝ち組負け組が明確に分かれ経済的弱者は非常に苦しい立場になったとも言えます。

 

そのために貧困をなくしそして平等な教育そして平等な医療そして平等な衛生環境を全ての人に提供するという社会の仕組みを必要としました。

 

それを実現するということが SDGsの17個の達成目標と言えます。

 

ここで気づかなければいけないということは企業育成資金も元々は国連の決定事項で日本の工業化を支援したそして日本の貿易を支援したというのがスタートでした。

 

その資金は PPP によって作られた資金を日本の産業や工業そしてインフラ整備に使われたということが言えます。

 

すなわち PPP というものはなぜ資金を民間に渡すことを行っているのかというのは結論から言えば国連の決定事項に対し経済をどう発展していくかということを金融機関の頂点である FRB そして IMF 世界銀行などが中心となって世界の貿易収益から 得る資金を PPP の参加者に対して資金を配り国連の民間に対して求める努力目標を達成してもらうということを目的にし金の配当を行っていると考えれば非常に分かりやすいです。

 

PPP に参加しようと思えば現時点における事業計画書というものは貧困をなくす広野病院の建設または環境を整えるそして発展途上国を支援するという事業計画書を書くことを指示されます。

 

すなわち現在民間に対して国連が決定した決議すなわち17の目標としてある SDGs が関係しているということが言えます。

 

ここでは SDGs に対して詳細な事は説明はしませんがインターネットでたくさん細かく説明していますのでそちらを参照してください。

 

簡単に言えばそのような努力目標を達成するために PPP から得た資金は活用してください。

エントリーするかは、私はそのような事業を成し遂げるために資金を活用しますという事業計画書を出してPPP にエントリーをすればそれに対して合格になれば資金がもらえるという仕組みだと考えればこの仕組みは理解しやすいです。

 

世界の金融機関の頂点がなぜ民間にこのような資金提供をするのかということに対しては結論から言って国連決議で行われたことを民間ベースで達成するために資金を提供するという風に考えればこの内容は非常に理解できます。

 

筆者も世界的に行われている資金の送金の案件でなぜこのようなことをしているのかということが疑問に思っていましたが、 PPP のプラットホームの話などを聞いて理解はしてきました。

 

一般的にこのことは非公開で行われていますが、非公開と言ってもそのことに対して世界的にコンサルタントを経由して募集しているのは事実です。

 

公開情報としてこのような案件を行わないのは、これは米国証券法に抵触しないということがルールにありますので主催者側の決定事項によって行われています。

 

しかし、列記として企業として、そのようなことを行っていますので一般的には広告宣伝はしていませんが存在する組織としてコンサルタントを経由して行なっているというのは事実です。

 

日本ではなかなか企業育成資金の仕組みについて理解を示す人は少ないのですが、これも PPP から得た資金を民間に渡すという行為をしていますので、この事を昔に遡って言えばこれも国連決議によって行われている案件です。

 

PPP だけの話を言えば、東証一部の資本金100億円以上や銀行の代表権のある人のみにこの資金を提供するという仕組みは行わなくても問題ないです。

 

しかし、これは元々は国連決議によって決められたことに対して行なっている継承事業であるから、日本の基幹産業や工業の支援のためにこの資金を贈与するという風に決まっているので東証一部の資本金100億円以上と銀行の代表者に対して資金提供するということをいまだ継続して行っているということが言えます。

 

ある意味、この制度はありがたいといえば非常にありがたい制度だと思います。

 

手元の現金がない人でも PPP から資金調達ができるということですから今の日本の東証一部企業の経営者はほとんどがサラリーマン社長でそんな大きな現金資産を持った巨額な資産家ではありません。

 

そのような個人の方が PPP に参加して資金を得ることは100%不可能ですなぜならば手元現金が100億円ありますかと言ってすぐに現金で差し出せる人は東証一部資本金100億円以上及び銀行の代表取締の方でも非常に少ないと思います。

 

そのような形でも PPP から資金調達ができるという仕組みがあるということは自ら現金資産が提示できない人から見ればこれはありがたい制度と言えます。

 

よく質問であるのですが東証一部の資本金100億円以上や銀行の代表権でない人がどうしたら PPP から資金調達できるのですかという話があります。

 

簡単に言えば資本金が基準に足らない企業や東証一部でない会社またはそれ以外の人ですがそのような人も実際には自ら現金資産があれば PPP にエントリーはできます。

 

クリーンマネーであり同時に借金じゃないお金として100億円の現金が手元にあるかということが重要になります。

 

※それ以下の場合でも相談は可能ですがエントリーできるタイミングはあるかと思います。

 

そのような資産家であるということが証明することができれば当然 PPP のエントリーできる条件として満たしています。

 

ただ主催者側としては個人情報を調査して犯罪履歴やマネーロンダリング履歴がない事を調べた上で問題なければエントリー可能となります。

 

この事の情報に対して公平に評価をするならばそのような話になると言えます。

 

PPP に関することは特権ではありますが本ブログでも説明している通り日本人は先進七カ国 G 7のメンバーでもあり同時に日本円は貿易基軸通貨として認められていますので日本人のエントリーに対して PPP の主催者は拒むことはありません。

 

PPPというものはプラットフォームを経由して FRB の認可を取って行うということが PPP です。

 

日本ではこの制度について詳細について聞くことはないかと思いますが実際は欧州のプラットホームでは常にコンサルタント経営して募集はしています。

 

SDGsの事業展開を考えており、そこで資金調達をしようと考えているのであれば PPP から資金調達するのが一番効率的で多くの資金を調達できるでしょう。

 

企業育成機構 MSA総合研究所より