実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

全体的に見て、資本が多い日本の価値

□全体的に見て、資本が多い日本の価値

日本の金融資産というニュースを見ていました。法人、個人の金融資産は、それぞれ約2000兆円あり、合計で4000兆円超の資金があるということです。そんなかで現金として預金として貯金されている資金は、1400兆円ということです。

銀行にただ預金している資金が1400兆円があるということになります

すなわち、これは、ある意味、これを資本金と考えれば、1400兆円の銀行預金というのが、もしそれをうまく運用すれば、簡単に日本は復活できますよね。

すなわち、活用できていない資産を活用できると日本をすぐに豊かにできるということになります。すなわち、国内運用では、資金量が増えません。国際金融の世界を日本人のビジネスマンも学んで、世界から金を集められる仕組みがつくれば、日本の復活は余裕ではないかと思いました。


企業育成資金
MSA総合研究所より