【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

全体的に見て、資本が多い日本の価値

□全体的に見て、資本が多い日本の価値

日本の金融資産というニュースを見ていました。法人、個人の金融資産は、それぞれ約2000兆円あり、合計で4000兆円超の資金があるということです。そんなかで現金として預金として貯金されている資金は、1400兆円ということです。

銀行にただ預金している資金が1400兆円があるということになります

すなわち、これは、ある意味、これを資本金と考えれば、1400兆円の銀行預金というのが、もしそれをうまく運用すれば、簡単に日本は復活できますよね。

すなわち、活用できていない資産を活用できると日本をすぐに豊かにできるということになります。すなわち、国内運用では、資金量が増えません。国際金融の世界を日本人のビジネスマンも学んで、世界から金を集められる仕組みがつくれば、日本の復活は余裕ではないかと思いました。


企業育成資金
MSA総合研究所より

Flag Counter