実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

グローバルスタンダードにおけるビジネスにおけるゲームのルールを知らなければ勝ち目はない。

最近は企業育成資金の話というよりも国際金融における資金調達という話をメインに書いています。

 

企業育成資金についての話は四年間ほどほとんど毎日書きましたので過去のブログを見ていただければ一通り理解できると思います。

 

これから日本がグローバリズムの中で発展していこうと思えば国際金融について詳しくならなければ周辺国に負けます。

 

今年からはRCEPが始まり日本中国 asean諸国そしてオーストラリアニュージーランドなどが自由貿易協定の中で一つの市場となっていくことが始まりました。

 

すなわち国際商業会議所というものは世界の貿易の規約を決めているところであり、世界経済すなわち自由貿易の世界的広がりというものはすべて貿易の規定によって行われます。

 

国際金融における資金の調達というものを理解をしなければ、これからはグローバルスタンダードに世界がなっていくわけですから、日本経済が全くの勝ち目がないということが言えます。

 

よって、企業育成資金の説明をしていた延長線が PPP につながり、そして PPP を決めているのが ICC の規約である。

すなわち ICC というのは世界の貿易の規約を決めているということになります。

 

世界がグローバルスタンダードということで貿易が同じようなプラットフォームで行われるようになれば、国際金融についての仕組み、すなわち PPP についても理解して資金調達の方法を考えなければ日本は国際市場で完全に負けることになります。

 

現在、日本がなぜ世界的に見て順位をどんどん下げていってるかという一番の理由は国際金融の話をすれば、それが M 資金だと思い込んでいる経済人が多数いるからです。

その話をするブローカーの説明が悪いという原因はありますか。。。

 

すなわち世界的に見れば相当無知だと思われても仕方ないと思います。

 

いずれにしろ MSA 総合研究所としては国際金融についての話をいろいろ書いていきたい考えています。

 

企業育成資金というのは東証一部の資本金100億円以上そして銀行の代表権のある方個人を対象にした国際金融からの資金調達の方法ですが、これは非常に限定された方のみですから、それも一つの手段として重要かと思います。

 

しかし2008年以降は世界は PPP プラットフォームを使って資金調達をするということが一般の商用ベースとして開放されていますので、そのことを理解せずに日本経済が衰退しているというのは非常に残念です。

 

すなわち、このように行われているグローバルスタンダードにおける国際金融からの資金調達という概念というのをこのブログを通じてそのような世界があるのかというのを知ってもらえれば幸いです。

 

筆者は思うのは知識がないからという理由で負けるというのは悲しいと思います。

筆者は海外で長年ビジネスを行ってきましたが海外進出セミナーの時いつも話した言葉があります。

海外に行ってビジネスをする際にどんな国でもルールはあります。

麻雀でもトランプでもゲームの上がり方を知らなければ勝負することはできませんそれと同じでビジネスにもゲームのルールは存在しますそれを知ってそこで戦わなければゲームに勝つことはできません。

 

ですからゲームのルールがどうなっているかというルールの説明はこのブログを通じて筆者の視点からいろいろ話をしたいと思います。これは筆者が考える攻略法であってこれを参考にして勝てるか負けるかはそれはあなたの判断に任せます。

 

企業育成機構

MSA総合研究所より