実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

豊かな国を作るには、このことは知るべきだと思う。

□豊かな国を作るには、このことは知るべきだと思う。

その国が豊かになれるかどうか?というのは、究極を言えば、「国際金融資本」と言われる資金がその国を通過して送金されるルートになれるのか?ということが、いちばん重要な話です。

経済は、たしかに活性化するには、生産性を高めなければなりません。しかし、市場がお金を使ってくれる環境及び資金がなければ、いくら、生産性を高めようと思っても、市場がそれだけの購買力がなければ正直、努力するチャンスが無いと言えます。

すなわち、資金量が多いことが重要です。

日本は、簡単に言えばなぜ、30年以上成長路線からはずれているのか?それは、一番の原因は、国際金融資本からの送金ルートになっていないからです。国際金融資本といえばいろいろ噂がありますが、基本的に巨大ファンドというイメージで考えていただければいいと思います。

国際金融資本は、資金を世界のどこを経由して動かすかと決めて、世界経済の発展をさせています。ある意味、水の流れを作り、その土地を豊かにするのと同じ考え方です。しかし、その国が行き過ぎると、その水の流れは突然止まり、そして、その土地は、潤うことなく、徐々に荒廃していきます。

世界で何が起きているかということは、また、ある地域が突然発展することをめにすることがありますが、これは、送金ルートというものに大きく関係しています。

資金は、世界の一つの発信源から世界中に流れる仕組みがあります。そのことを知るべきでしょう。
これは、銀行システムの中で送金ということで、資金を動かしているので、コンピューター上で行っていることですから、目に見える話ではないのですが、世界経済は、その送金システムによって大きく影響をしています。

簡単に言えば、国際金融資本から資金調達する仕組みが、PPPと思ってもいいかと思います。
送金とPPPという世界を理解をしない限り、正直、経済の根本は、資金の発信源にあるわけですから、そこから資金を如何に、自国に引き込む仕組みを作ることが重要です。

豊かな社会というのは、これは、何かといえば、国際金融資本からの資金調達ということが重要になります。

企業育成機構@MSA総合研究所より