実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金の最新情報を入手!

企業育成資金の最新情報を入手!

 

最新情報によると・・・・

1,東証一部の資本金100億円以上
(サービス業、飲食ホテル、証券会社、保険会社は対象外)
鉄道、大手電力は、非上場可能 鉄道は、資本金100億円以上
2,銀行

の代表権者個人

3,信用金庫の預金高3000億円以上

代表理事個人

信金は、期間限定ですが、審査がありますが、希望者がいれば、対応しますという情報です。一応継続するということですが、審査あり

 

※病院の案件は、行いません!

企業育成資金の仕組みは、これは、PPPによって得た収益を、海外から送金をして申請者の口座に入金して資金提供するという案件になります。
PPPについては、ICC国際商業会議所の規約「譲渡可能なクレジット」という規約を使って行われている貿易プログラムによって資金調達された財源になりますので、銀行が行っている案件ですのでクリーンマネーです。

 

企業育成機構@MSA総合研究所より