実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

国際金融の知識の欠如が、日本経済の衰退をまねいている。

□国際金融の知識の欠如が、日本経済の衰退をまねいている。

結論から言えば、日本の国際金融に関しては、後進国と言われるのは、欧米で行われている制度について、ほとんど情報がないことが原因していると思います。

企業育成資金の制度について説明文には、「1951年に日本が国際商業会議所に加盟してから始まりました・・・・」という文言があります。

国際商業会議所といえば、世界の貿易ルールについて決めているのです。日本は当然加盟国ですから、国際商業会議所のルールに従ってビジネスをおこなうことが必要になります。貿易紛争があれば、国際業業会議所の規定によって裁判で争われます。

確かに、国際商業会議所の規約について詳しく読んでいくと、たった一文、「譲渡可能なクレジット」という文面があります。これだけ見ても意味が不明ですが、実は、これが可能であるということは、金融ビジネスにおいて幅広いビジネスが可能になります。

クレジット・ラインが譲渡可能ということは、簡単にいえば、お金を貸すための現金担保の与信枠をあっちこっちと、リースできるということになります。

現金担保の与信枠をリースをすることで、緊急で資金が必要な取引に置いて、PPPの主催者であるプラットフォーム会社は、緊急取引の必要な資金を貸し出して高利を稼ぐ仕組みです。

簡単に言えば、こんな例があります。

魚を満載に積んだ船が港に来ました。しかし、本来、予定していた売り先の企業からキャンセルされて、魚の販売先がなく、港に魚を下ろせなく困っていました。
プラットフォーム企業と相談します。 今10トンの魚がありますが、これを3日以内に販売しないと、魚が腐ります。どこか売り先がないですか?というオーダーを受けます。プラッフォーム会社は、自らのネットワークを使って、売り先を探します。売り先の企業と値段交渉します。

「10トンで1000万円で売りたい人がいるけど、買うかい?」魚仕入れ業者は、「わかりました。購入しましょう。」と事前交渉をしておきます。

それで港に入れなく困っている漁船に対して連絡します。「それでは、そちらの10トンの魚を300万円で購入しよう。即現金取引するよ」ということを交渉します。

漁船のオーナーは、確かに値段は、叩かれているが、魚を船で腐らせれば,どうしようもないので、その交渉に同意します。
それで、プラットフォーム企業は、漁船と新しい魚の業者をつなぎ、差益を稼ぎます。瞬間取引で1000万円ー300万円=700万円の利益がでます。

プラットフォーム企業は、ある意味、貿易でこまっている業者を手助けするということですが、ちょっと考えてみたら、問題解決はしているとおもいますが、足もとを見た商売といえますが、そのようにして利益を稼ぎます。すなわち、そのような取引に対してプラットフォームも資金調達が必要ですから、そのクレジット・ラインをリースすることで、銀行から資金調達を行い、現金担保であるクレジット・ラインを貸してた資金者(PPPの参加者)にもリース料を支払うことで、資金者も利益を得る仕組みです。

このように貿易に置いて、常に困ることがありますので、その業務で問題解決するのが、プラットフォームのビジネスモデルです。以前は、先物取引で、資金調達する話をしましたが、世界中の取引で、現金がすぐにほしい問題というのは、常に起こりますので、プラットフォーム企業は、そのような仲介ビジネスをして、利益を上げるのですが、その際のプラットフォーム企業に対して資金調達できる仕組み、すなわち、クレジット・ラインをリースするというビジネスモデルで、収益を得るのが、PPPということになります。


しかも、このような取引でデフォルトしないように、すべて保険がかかっているので、PPPでは確実に利益が上がるモデルを作っていると言えます。

日本では、よく言う「欧州でまことしやかに、極秘裏で資金の運用されている資金・・・M資金・・・」ということをよくメディアでも報道されていますが、実際の話しをすれば、 貿易取引おける緊急資金が必要なケースに対してありとあらゆる取引を支援するというモデルで、クレジット・ラインのリースで収益を得るモデルと言えます。

プラットフォームの作業に対して効率的にクレジット・ラインを自動的に世界各国のプラットフォームに対して、クレジット・ラインをリースをして資金調達を支援しているのは、現在では、AI技術を用いて自動化されて行われています。

PPPにより作らえた資金が、企業育成資金の財源ですから、貿易プラットフォームが、世界各国で行っている貿易取引のおけるクレジイットラインのリースによって得た収益を、企業の代表者に資金提供しているのですから、この制度について何が問題を感じるのでしょう。

筆者は、もう少し世界を見て、世の中の仕組みがどうなっているかを研究する姿勢が必要だと思っています。

この手の話をすれば、ゴールドの運用が、、、という話すれば、それは、例の資金ですか?・・・と意味不明な会話になりますが・・・

ゴールドをそのへんに置いていてもお金になりません。ゴールドという価値があるもの、すなわち、ゴールドの証券であるSKRがお金のと同様の価値がありますので、それを担保にすること、すなわち、ゴールドは、現金と同等の価値があるというルールで、そのクレジット・ラインをつかって、PPPによって、資金を生み出しています。

ゴールドも銀行の金庫に保管して銀行が発行するSKRがなければ、正直、ただの黄金の延べ棒であって、運用に回すことなど出来ません。重要なのは、銀行発行のゴールドのSKRが価値をもつのです。銀行発行ですから、銀行券と同じ価値、すなわち、現金と同じ価値あるので、銀行はそれを担保にして、クレジット・ラインを発行して、リースすることで収益を得るのです。

という意味わかりますか?

誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より