【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

国民一人当たり1億円の再投資、1京2000兆円の再投資を日本にすべきと論じる。

□国民一人当たり1億円の再投資、1京2000兆円の再投資を日本にすべきと論じる。

あなたにとって、ベーシックインカムを歓迎しますか?多くの人は、ベーシックインカムを待望していると言えます。しかし、政府からみれば、働く人がなくなるのではないかと心配する声があるということです。

筆者は、日本が本当に生き返るには、毎月数十万円というレベルのベーシックインカムの導入よりも、土地改革をおこない一気に数千万円以上の収益を与えるような制度が必要だと考えています。

都心部の一部の地域では再開発は進んでいますが、ほとんどの町並みが、40年前と殆ど変わっていないということが言えます。やはり、全国的な都市再開発を一気にできる仕組みを行い、国民に新しい住居を与え、そして土地改革によって大きな収益を与えれる仕組みを行うべきだと考えています。

日本の国の国民資産は、総額1京円ほどあると言われています。すなわち、国家としての担保価値は、1京円ほどあるわけですから、それを考えても、1京円の再投資プランを考えるべきでしょう。

すなわち、国民1億円相当の不動産、資金を提供するプランです。それを行うには、国際金融を活用した資金調達の方法です。

すなわち、政府保証のブロックファンドのキャッシュバックを使って、クレジット・ラインを発行し、そのうちの半分は、資金を直接投資行い、半分の資金は、長期運用するモデルです。クレジット・ラインですから、借り入れですが、長期運用をPPPを通じて行うことで資金は確実に償還することができます。

(国民資産)について言えば、最近のニュースでは、

国民資産」4・7%増の1京1892兆円

内閣府が24日発表した国民経済計算によると、2020年末時点で国や企業、個人などが保有する土地・建物、株式など「国民資産」の残高は、前年比4・7%増の1京1892兆円で過去最高を更新した。増加は2年連続。」

ということです。日本には、1京円を超える資産があることが言えます。
アセットバック、キャッシュバックなどのすべてが裏付けのある資産ですから、もし、このすべたの資産に対して、クレジット・ラインを発行して、調達をすれば、1京円以上の資金を生むことができます。

大胆な政策行えば、日本人の人口が1億2000万人ほどいますので、すべての人に一人1億円の再投資をして、国造りをするという考え方をもてば、確実に日本は変わります。

もはや、お金の数字であって、国家の総資産の裏付けがあり、それに対してクレジット・ラインを発行して、海外金融機関から資金調達をして日本に投資すれば、日本は簡単に変革をするでしょう。

40年から60年前に建設された日本の建築物を再開発を積極的におこない国民に資金と不動産を提供すれば、国家は再興します。

それくらいのサービスをできる国家運営をするリーダーが必要だと思います。財源は、国際金融を理解すればいくらでも作れますし、日本には、巨額なキャッシュバックのブロックファンドがあり、巨額なクレジット・ラインを発行することが出来ますので資金調達はできます。


日本は財源がないのではないのです。財源を作っていないだけであると言えます。国際金融のおける仕組みを最大限活用すべきと考えています。


誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より

 

Flag Counter