実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

ブレトンウッズ体制について一体何だったのかを知ることが、世界の動きを理解できる。そして日本の今後を予想する。

□ブレトンウッズ体制について一体何だったのかを知ることが、世界の動きを理解できる。そして日本の今後を予想する。


1944年のブレトンウッズ体制、これが、今の世界の動きを決めています。いろいろ都市伝説になっている国際金融組織ですが、金ドル本位制度、世界の基軸通貨を作るための組織として、WB世界銀行IMF国際通貨基金)、FRB連邦準備制度)を作ったことがスタートしています。

世界銀行が世界に対して資金を貸し出す役目をすることですから、当然、金ドル本位制度ですから、金をもってドルを作ったということが言えます。すなわち、世界銀行には、金をもって資金を作る仕組みがあるということになります。

それでなければ、金ドル本位制度という通貨制度が成り立ちません。また、世界銀行が世界の銀行の元になる財源を作る仕事をしているのですから、世界銀行から世界各国の銀行の資金を送金するのは、当然の役目となります。すなわち、世界銀行が世界各国に送金している資金というのは、各銀行が資金を発行するために必要な担保となる資金を送金していることになります。

これが重要なポイントになります。

世界銀行というのは、当然、世界の基軸通貨を金ドル本位制度にするには、世界の同意を得て世界銀行への出資を求めたことになります。すなわち、資本主義と政府というものが存在する前に、それぞれの国を統治していたのは、国王や、ロイヤルファミリー、また、大地主ということになります。それらの世界中の支配者であった有力者に世界が資本主義社会になり、銀行中心の貨幣経済の発展及び政府による社会サービスを拡充する仕組みを構築することで、もともとの統治者は、象徴的役目になり、国家の社会サービスは、銀行を中心にする社会システムに任せる様になったと考えれば、今の制度が理解できます。

すなわち、世界の銀行家が、資本主義社会という社会システムを作り、政府という国民サービスを提供する組織を作り、もともとの国家の統治者は、国家元首として、君臨しても、社会サービスなどの仕事は、銀行家にまかせて行うということ提供したことになります。

世界銀行と300人委員会という話がよく話されますが、当然、もともとの地球上でそれぞれの土地を収めていた国王、ロイヤル、大地主が、メンバーとなり、ゴールドの出資者となって、世界銀行により資金を各国に送金をして、各国の発展に寄与する財源を提供していると考えれば、地球上の金融システムは、地球上が一つの会社として機能していることに気付いてきます。よって、銀行は、政府ではなく、民間である理由は、これは、民間からの出資者によって出来上がっているからです。銀行によって、作られたのは政府であって、ある意味、銀行が親会社で、政府は、銀行からの依頼を受けて、国民への社会サービスを提供する組織であると考えれば、この構図が理解できます。また、もともとの地球上の土地を収めてた王族、ロイヤル、大地主などが、世界銀行のオーナーとして君臨しており、そのオーナーグループが300人委員会ということで考えれば、ごく普通に理解ができます。

すなわち、世界連邦という概念やNWOなどいろいろ世界統一政府的な話が存在するのは、ブレトンウッズ体制でおこなったことは、銀行システムの世界統一システムであり、銀行券を発行する金融システムの統一をおこなうことが目的で現在に至っている考えることが重要になるかと思います。

このような都市伝説的な話をいえば、何を言っているのか?と思われそうですが、物事を日本だけで見れば、見えない世界も、あなたが宇宙まで飛び出して、地球を眺めていれば、世界の統一システムがどうなっているか理解できます。

このことは、一般的に理解できなくても、生きていうえで何も関係ないかもしれませんが、世界統一システムにおける銀行システムの上に、世界が成り立っている。すなわち、ブレトンウッズ体制の延長線上になる仕組みによって、資本主義社会が成り立っているということがイメージできることが大切かと思います。

それがイメージできれば、日本がなぜ戦後、復興期に世界銀行から支援を受けたのか?すなわち、日本は金ドル本位制度を作る上で、日本のゴールド、すなわち、世界銀行で資金を作る仕組みにおいて、日本のゴールドが大量にあったことで、大きな役目があったことで、日本の経済支援制度が生まれたといえます。

そのゴールドの提供者は、日本のロイヤルファミリーということであるので、日本の企業育成資金の財源というものは、天皇家との関係を言われています。その巨額な現金担保になるブロックファンドというものは、世界銀行から提供された現金担保は、それは、ゴールドファンドによよる運用益となり、それを提供したのが、世界銀行の出資者グループといえます。

すなわち、この仕組は、地球全体が巨大な会社組織であるといます。世界銀行の上に組織する資本家が結論、世界中の経済をつくための資金を提供しており、各国に送金された資本金をもって各銀行がその資本金をもとに各国が支店経営をしているという構図になります。

各国の中央銀行の支店経営の傘下に商用銀行があり資本主義を作り、その資本主義支えるための社会サービスを提供するために政府があり。政府は民間からの財源を得て、社会サービスを提供しているということが言えます。

すなわち、豊かな国を作るということは、国民を豊かにすることで、政府が豊かになり、より良い国家の発展が実現できるということが言えます。

日本にある巨額な資金の謎というのは、巨額なブロックファンドが銀行に存在するという話ですが、だれが提供したのか?というのは、これは、世界のオーナーということになります。それは、世界銀行の上の組織と言えると思います。そこから提供されたブロックファンドによって、現金担保があることで、国家財政を生み出すことができます。裏付けになる現金データーがあることで、それを使って、ユダヤ金融のバンクからクレジット・ラインを発行して資金を調達する仕組み、調達した資金を日本に送金をして、半分は送金して日本で自由に使い、半分のキャッシュは、現金預金をもとに、再度、クレジット・ラインを発行してPPPすることで、自動的に償還できる仕組みで、資金を生み出して民間財源を確保して、その民間財源から政府財源として使えるようにすることで、政府は、財源不足の問題は解決できます。

この仕組が理解できれば、政府財源についての不安がなくなり、同時にベーシックインカムの時代への財源確保も可能になります。


誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より