実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

ゴールドの日??

□ゴールドの日??

さて、今日は、企業育成資金と全く関係ない話ですが、ゴールドの大型の取引についての質問が多く来ました。

日本でも都市伝説的に大口の取引のうわさはあります。しかし、その話には、ほんといろいろなうわさが流れています。

特にゴールドの取引の基本についてよく知らない人が参入していることで、いろいろな情報が錯綜しています。

ゴールドについて言えば、大口の取引というのは、現物取引ではありません。20Kgくらいまでのゴールドなら買取センターに持っていけば、買い取ってもらい、現金化できますが、1トンとか、トン単位の取引になれば、基本的には、SKR(証券)による取引になります。

大口の取引で、ゴールドを海外に持ち出したいという話があるということを仲介者からの情報でよくありますが、ゴールドの大口の取引の場合は、日本国内保管で、SKRに記載されている名義変更だけを行う売買ということになります。

大口の取引で海外へのデリバリーをするような話をする仲介者がいますが、これは、まず成立することがありません。なぜかといえば、売り主が、取引は、SKRの名義変更をするだめけの取引を銀行でおこなうからです。ゴールドの本当の価値というのは、ゴールドがどこに保管していのかということで価値が決まります。

ゴールドの保管場所は、銀行保管であることが金になります。銀行に保管されているSKRであれば、これは、価値が出ます。あまり有名でもない倉庫に保管しているゴールドのSKRは、証券としての価値がなく、運用もできません。

通常、大口のゴールドの購入者は、ゴールドのSKR(証券)をもって運用して現金化するので価値が生まれてきます。よく精錬して5年以内のものでなければ、というのは、ゴールドのSKRを用いて、PPP運用をする場合は、精錬後5年以内のSKR(銀行が発行したもの)であれば、証券としての価値があり、欧州のプラットフォームで、アセットバックとしての価値が認められて、そのSKRをもって、銀行がクレジット・ラインを発行してくれます。それでPPPを行うことができます。

銀行がクレジット・ラインを発行するアセットでなければいけないということになりますので、銀行保管されたゴールドのSKRが重要であると言えるのです。銀行以外の民間の倉庫に保管されたゴールドのSKRは、証券としての価値がなく、PPPなどの現金化できる運用ができないので、正直、そのような大口の取引など行うという話自体がおかしな話になります。

ゴールドの大口取引は、
1,銀行保管のSKR ⇒価値がある。 民間倉庫保管のSKR⇒価値がない

2,PPPは、銀行保管のSKRで精錬後5年以内のもの

3,大口取引は、SKRの名義変更するだけで、デリバリーは行うものではない。(銀行倉庫から動かさない)

その程度のことは、知っておいたほうがいいのかもしれません。


誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より