実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

ゴールドの価値は、どこに保管しているか?ということが重要

ゴールドの価値は、どこに保管しているか?ということが重要

さて、ゴールドの運用ということを、都市伝説的に企業育成資金の話でも出てきます。ゴールドの運用というのは、一体なんであるか?

これは、PPPのプラットフォームに聞けば、ゴールドの運用は、SKRの発行元が重要だ。と説明しています。ゴールドは、アセット(現物)としての価値がありますが、ゴールドでは、コンビニでは物が買えません。キャッシュ(現金)ではないので、売却は割合簡単なものですが、大量のゴールドとなれば、現金化が難しいといえます。

一般的に大口のゴールドというのは、銀行の保管されているものでなければ、価値がないと言われています。ゴールドのホールマークが有名なものであっても、保管場所が、どこかの民間倉庫であれば、その保管証明書(SKR)は、価値を持ちません。PPP運用というのは、キャッシュかゴールドのアセットバック(現物担保)があって、それを見て、銀行がクレジット・ラインを発行して、資金を生み出します。

すなわち、クレジット・ラインは、銀行が発行するものです。ゴールであっても保管場所が銀行でなければ価値を持たないというのは、現金も、銀行発行のものです。ゴールドは、銀行で保管されているので、それが、銀行券(キャッシュ)と同等の価値を持つので、銀行は、クレジット・ラインを発行してくれるのです。
99.99(フォーナイン)が重要だ、有名なホールマークでなければ、だめだ。など、そんな話をしている人が多くいますが・・・ゴールドの運用の世界は、銀行保管で、銀行が認めたSKRでなければ、価値がないと言えます。すなわち、ゴールドの運用によって現金化することをしたければ、銀行保管のゴールドのSKR重要であると言えます。

また、大口の取引は、不動産の取引と同じで、所有権の譲渡をするだけです。ゴールドも銀行に保管されているので、動かすことがなく、SKRの所有権を譲渡するだけ、名義変更をすることで、売買が行われるのが一般的です。動かすことはありません。

もう一度いいますが、大口のゴールドを現金化するのは、銀行保管であると記載されたSKRが重要であって、それがなければ、運用によって現金化することができません。有名銀行保管のゴールドでそのSKRがあれば、その証券をもって、PPPによって現金化できます。ある意味、ドルやユーロの現金貯金と同じで、ゴールドはアセットですが、担保価値があると言えます。また、ゴールドは銀行保管で放置しておくことが、現金預金のブロックファンドと同じ意味になりますので、これを使って、銀行はクレジット・ラインを発行することができるので、現金化することや運用もできます。

ゴールドが重要というよりも、銀行発行のSKRが証券として価値を生み出し、クレジット・ラインが発行できることが、お金の世界では価値がある話になります。

ということでありますので、大口の取引では、現物のデリバリーをして取引されることは、普通はありません。

 


誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より