実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金の仕事は仲介者であれクレーマーは一発で無視されます。

今日は企業育成資金の話を書きます。

 

企業育成資金は多くの仲介者が関係して行なっていますので資金部が誰なのかというのが非公開であるので資金本部に繋がりのない方も、私は資金者の関係だと話している方も多くいます。

 

ある意味この案件は資金本部と繋がって案内できなければ仕事になりませんので繋がっていない仲介者でも私自身がその立場だということを主張します。

 

それは仕方のないことですがそのような方々もそう言わなければ仕事が回ってこないと思うのでそのように伝えるのですがここが問題があります。

 

繋がらない人が一生懸命この案件行っても周囲に迷惑をかけるだけです。

 

しかしそのことを全く考えずにできないことは言わずに自分が繋がっていないことを隠すために他人の責任にするという傾向が多いです。

 

いろいろそのような情報は入手しますがほとんどそういうこと言う人は病気ですから治ることはありません。

 

また能力のない奴に限ってあいつがだめだとかそういう風な言い方で自分がすごいという言い方をする人が多いです。ですが実際には金融知識も全くないような素人が適当なことを話しているだけです。

 

日本全国からあちらこちらから情報を入手しますがそういうことを言っている仲介者は元々本部でもチェックされていますのでそういう人物が関係すればアウトです。

 

世の中というものはいい話はなかなか伝わらないですが悪い話はすぐに伝わります。

 

口やかましくクレームの言う人は即刻シャットダウンするというのがこの仕事の仕組みです。

 

前向きにこの案件に取り組むならば一生懸命やることは大切だと思いますが第三者の誹謗中傷を言って適当なことを言っている人は全てチェックされてます。

 

それが現実です。

 

企業育成機構

MSA総合研究所より