実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

国際送金について深堀りすると企業育成資金の仕組みが理解できる

□国際送金について深堀りすると企業育成資金の仕組みが理解できる


巨額国際送金の世界を追いかけている国際金融ブローカーは世界中にいます。しかし、どのような仕組みで行われているかを知るものは、非常に少ないのではないでしょうか?

それを支援しているのは、WB(世銀)ということが言えます。世銀が世界各国に送金済みの巨額なキャッシュにおけるブロックファンドがあることが原因しています。

現金におけるブロックファンドが巨大にあるであって、自由に使える現金が天文学的に存在するわけではありません。このブロックファンドの現金データを使って資金の生み出し方は、これも、譲渡可能なクレジット・ラインの仕組みと同じといえます。

現金におけるブロックファンドがあるので、それ自体は、現金として使う事ができませんが、この現金のブロックファンドが銀行に保管されていることで、欧州の銀行にプロジェクト資金として申請すれば、資金を調達することができます。これは、キャッシュのブロックファンドがあるということは、クレジット・ラインを欧州の銀行で発行することができます。欧州の銀行は、このクレジットライン(与信枠)を使って資金の貸し出しを行います。当然、政府保証されたプロジェクト資金の調達ですから、調達された資金は、民間プロジェクトとして資金を使うことが条件になります。


銀行融資された資金は、TTキャッシュ SwiftMT103/202による送金が可能ですから、中央銀行を通じての送金になります。資金がブロックされないようにIMFの許可が必要になり、その資金を送金ができれば、72時間以内にReceiver(受取人)の口座から72時間以内にsender指定の口座に転送する必要があります。

その理由は、Swiftの送金において72時間以内に処理されなければ、完全に着金したことになり、中継送金ができる時間を超えてしまうからです。中継送金の時間内で送金することで、レシーバーの銀行口座には、必要な資金だけを着金させて、残った資金は、次の送金先に一つの送金過程で完了したことになります。

電車で言えば、始発駅から終着駅まで列車が動きます。その運行時間は、72時間以内で、その列車にのった乗客は、途中下車できるということ同じ意味です。中継者は、一部の資金 通常TTキャッシュの送金の場合は、20%の送金手数料という相場がありますが、80%に関しては、sender(送金者)の指定の口座に転送されて、senderは、その資金を海外の銀行に転送をして、その資金をsenderがPPP運用をして、資金を償還させる仕組みが行われています。

これは、民間のプロジェクト資金して使うことができる仕組みになります、

すなわち、このような仕組みで世界的に資金が生み出されています。

企業育成資金の仕組みもこのような仕組みになります。

PPPの運用の仕組みについては、過去のブログでも書いていますので一つ手前の文章をみていただければ、この仕組みが理解できると思います。
すなわち、政府保証されたプロジェクト資金が企業育成資金といえます。


誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より