【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

国際送金について深堀りすると企業育成資金の仕組みが理解できる

□国際送金について深堀りすると企業育成資金の仕組みが理解できる


巨額国際送金の世界を追いかけている国際金融ブローカーは世界中にいます。しかし、どのような仕組みで行われているかを知るものは、非常に少ないのではないでしょうか?

それを支援しているのは、WB(世銀)ということが言えます。世銀が世界各国に送金済みの巨額なキャッシュにおけるブロックファンドがあることが原因しています。

現金におけるブロックファンドが巨大にあるであって、自由に使える現金が天文学的に存在するわけではありません。このブロックファンドの現金データを使って資金の生み出し方は、これも、譲渡可能なクレジット・ラインの仕組みと同じといえます。

現金におけるブロックファンドがあるので、それ自体は、現金として使う事ができませんが、この現金のブロックファンドが銀行に保管されていることで、欧州の銀行にプロジェクト資金として申請すれば、資金を調達することができます。これは、キャッシュのブロックファンドがあるということは、クレジット・ラインを欧州の銀行で発行することができます。欧州の銀行は、このクレジットライン(与信枠)を使って資金の貸し出しを行います。当然、政府保証されたプロジェクト資金の調達ですから、調達された資金は、民間プロジェクトとして資金を使うことが条件になります。


銀行融資された資金は、TTキャッシュ SwiftMT103/202による送金が可能ですから、中央銀行を通じての送金になります。資金がブロックされないようにIMFの許可が必要になり、その資金を送金ができれば、72時間以内にReceiver(受取人)の口座から72時間以内にsender指定の口座に転送する必要があります。

その理由は、Swiftの送金において72時間以内に処理されなければ、完全に着金したことになり、中継送金ができる時間を超えてしまうからです。中継送金の時間内で送金することで、レシーバーの銀行口座には、必要な資金だけを着金させて、残った資金は、次の送金先に一つの送金過程で完了したことになります。

電車で言えば、始発駅から終着駅まで列車が動きます。その運行時間は、72時間以内で、その列車にのった乗客は、途中下車できるということ同じ意味です。中継者は、一部の資金 通常TTキャッシュの送金の場合は、20%の送金手数料という相場がありますが、80%に関しては、sender(送金者)の指定の口座に転送されて、senderは、その資金を海外の銀行に転送をして、その資金をsenderがPPP運用をして、資金を償還させる仕組みが行われています。

これは、民間のプロジェクト資金して使うことができる仕組みになります、

すなわち、このような仕組みで世界的に資金が生み出されています。

企業育成資金の仕組みもこのような仕組みになります。

PPPの運用の仕組みについては、過去のブログでも書いていますので一つ手前の文章をみていただければ、この仕組みが理解できると思います。
すなわち、政府保証されたプロジェクト資金が企業育成資金といえます。


誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。