実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金について、金額について色々言う人がいますが、、、

□企業育成資金について、金額について色々言う人がいますが、、、


さて、企業育成資金について、金額が少ない増やしてほしい・・・などという人がいますが、金額が少ないとか、多いとかの問題よりも、MSA総合研究所を経由して、本案件に参加すれば、受け取った金額の残高証明を使って、もう一度、PPPをすれば、資金は永遠的にいくらでも増やすことが出来ます。

 

企業育成資金は、一度受ければ、しばらく資金を受けることが出来ませんので、できる限り多く資金をください。という人がいます。

ですが、その問題は、MSA総合健研究所は、ソリューションできます。当研究所は、英国のプラットフォームと業務提携しておりますので、手元に現金資産がありれば、PPPにエントリーして、資金を受けた人、仲介者でもPPPにエントリーできる十分な基準を満たす資金を受けることができるのですから、それで、PPPを行えば、PPPをやめると言わない限り増やし続けます。しかも、毎月、資金の支払いがあるわけですから、正直毎日がボーナスといった感じになるわけです。

一度で終わりというならば、必死になるのですが、これから毎月、永遠と続くとなれば、金額が多いとか、少ないとか、ブツブツいうのが意味ありません。

気合を入れて案件決めることが先決です。現金、すなわち、キャッシュバックがあれば、クレジット・ラインを発行して、いくらでもお金は生み出せます。その仕組を理解しなければなりません。

 


MSA総合研究所より