実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

新しい資本主義を実現したいのであれば、結論を言うと

□新しい資本主義を実現したいのであれば、結論を言うと

結論をいえば、PPP市場におけるクレジット・ラインの枠を多くの日本人で占めることでです。

日本では、PPPに参入するには、今まで障壁があり、特別な場合を除いて参入できないようになっていました。PPPが法的違反という意味ではありません。日本は、ICCの加盟国でありますし、同時にG7の国でもあります。PPPに参入しても100%問題ない国です。むしろ参入障壁が国内事情にあったということが、原因しています。


しかし、色々理由もありますので、その理由もわかりましたので、そのことについて追求しても仕方ないので、ここでは論じませんが、MSA総研では、日本人が日本の銀行預金口座を使って、PPPにエントリーできる仕組みを構築しました。

これは、PPPにおける資金者の大量に排出できるようにします。一昨年は、世界全体でPPPの名義人になれた人は、50人以下であったということです。予想以上に少ないと思われますが、それが現状です。

なぜ、この仕組に参入できないのでしょうか?
この仕組を全く理解していない人が、世界中で年間3000人ほど申請していますが、対応が悪く、FRBコンプラチェックで通ることがありません。


すなわち、受験生ではないですが、FRBでPPPの資金者資格を獲得するには、傾向と対策を理解して申請に挑むことが大切になります。

それを、レクチャーするのが、MSA総研のコンサルティングになります。PPPの資金者資格を獲得できなければ、いくら資金があってもPPPに参入できません。

MSA総研では、基準を満たした本物の資金証明を出せる方で、PPPの資金者になりたい方に対して、無料でレクチャーしています。すなわち、心得がなくては、FRBのPPPの資金者になる面談、対応で落とされます。また、MSA総研のチームとの連携が大切になります。すべてのネットワーク持って行っています。

国際弁護士、英国プラットフォーム、英国ユダヤ金融資本、欧州銀行、FRB、そして、IMFの許可を持った特殊口座、このすべてが一つのグループの中に揃わなければ、PPPは実現しません。

ただ、申請書類のKYCを書いて、どこかに提出したら、なんとかなると思っている人は大多数ですが、そんな簡単な話ではないのです。

すなわち、組織が必要になります。その組織が、一体となって動かない限り、結論、この業界では、何も出来ないのです。ですから、狭き門と言われるのは、書類があるから、PPPに参入しようとおもって、提出しても、どうにもならなかった・・というが、99%は、そういう結果でしょう。

日本人の中でもPPPに参入をしようとおもって、KYCは提出した人は数少なくいると思いますが、ほぼ実現していないでしょう。それはPPPを実現するための組織をもっていないからです。

これが重要です。これは、金融の最高峰と言われる案件になりますが、最高峰の理由は、これは、このようなまとまった組織をつくれるのは、他では出来ない仕組みになっているからです。

MSA総研は、そのようなグループを海外で形成しているのです。ですから、ただの都市伝説研究チームではありません。

PPPに関しては、プラットフォーム、欧州銀行、ユダヤ金融資本のバックアップ、そして、IMFのUnlimitedアカウント、これは、無制限送金口座というものです。これらの仕組みがなければ、資金は世界に動かすことも出来ません。

正直、PPPの資金者を生み出すということは、普通には出来ないのです。特に日本では、もともと参入障壁をつくっていますので、絶対に無理というふうにしています。可能にするための仕組みを作りをしています。

MSA総研が提案するPPPチームが行っているモデルに乗れば、PPPの資金者名義人になることが可能になります。名義人なれば、MSA総研のチームには、PPPプラットフォーム、バックの英国ユダヤ金融資本がありすので、彼らもビジネスで、この案件を行っています。継続して利益を上がる仕組みを構築します。名義人が多ければ、クレジット・ラインを大きく作れる機会が増えます。

すなわちPPPとは、第三者の参入ができる代物でなく、決まった人だけができる仕組みのなかで行われているので、他の人は参入できないために、結論を言えば、ほとんど、都市伝説で終わるのです。

いずれにしろ、PPPの資金者名義人を日本から100名生み出すようにプラットフォームからも依頼がありましたので、MSA総研としては、条件を満たした資金者名義人なりたい人に、無料でレクチャーします。

それが完成すれば、日本にとって、外貨収入をどんどん得る機会をえますので、今後、このことがいい結果を生み出すことでしょう。

PPPの資金者名義人になりたい人、そうそう、PPPの資金者名義人のことを、サイナーといいます。よくこの手の話で、(サイナー)がだれだ・・・という話になりますが、サイナーとはサインをする人ということになり、これは、FRBの認可得たPPPの資金者名義人のことを指します。

この資金は、社会のために還元してください、ということが決まっているので、無料申請で資金調達できる仕組みがあります。

企業育成機構@MSA総合研究所より