実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

PPPの資金者資格を日本人が、100名取得する支援事業についての意味

□PPPの資金者資格を日本人が、100名取得する支援事業についての意味


MSA総合研究所は、インターネット上で活動している社団になります。法人格はありません。任意の団体になります。
また、活動は、インターネットを通じて、国際金融を活用して、日本の経済復興をする教育支援を行っております。

そのような団体ですので、所在地はございません。特に、通貨発行に関することについて研究しており、欧米で行われているPPPの制度に注目をして、ICCの規約で行われているPPPの日本導入ための教育プログラムを実施しています。PPPは、米国証券法の規約で、私募プログラムとしており、どこで、だれが行っているかは非公開となっています。よって、そこに通じるMSA総合研究所も、インターネット上の活動であり、オフショア活動団体として、PPPについての教育プログラムを実施しています。

日本の企業育成資金に関してもPPPに関するプログラムの一種で、PPPの仕組みを活用して、日本の東証一部の100億円、銀行の代表権者に資金提供を行い、PPPによって、償還する仕組みを作っています。

MSA総研は、PPPに関しては、英国プラットフォーム、英国国際弁護士、欧州銀行、FRB、英国ユダヤ金融資本と連携して、日本の経済の底上げのためにFRBの認可制度であるPPP資金者資格の取得できるように支援しています。現在、日本の資本家のために、PPP資金者資格を100名取得できるように教育プログラムを実施しています。PPP資金者資格を取得すれば、いつでもPPPプログラムに参加でき資金調達ができるようになります。すなわち、PPPにおける資金者資格というのは、その人物の名義を通して、世界に資金がばらまかれるという意味になります。

よって、PPPの資金者資格というのは、その個人をみたときに、その資金者資格を有することが、世界の通貨発行権の出口ということになるのです。

よって、なぜ、MSA総研では、FRBのPPP資金者資格を日本の資本家100名に取得させる支援をするのか?といえば、一度資格を有すれば、その人の名義を通して、大きな資金の残高証明にしても、巨額なPPPのプログラムを実施できるからです。すなわち、多数のPPP資金者資格を有した人が、日本にいることが、日本の経済の底上げに繋がります。

これが、日本を復活させるための答えです。

また、その資金は、日本だけでなく、発展途上国の支援にも資金がまわりますので、世界経済の底上げにも繋がります。MSA総研は、オフショアの社団ですが、大きな構想をもってインターネット上で活動しています。

MSA総合研究所より