実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

このライセンス取得を支援することが、日本の救世主になる。

□このライセンス取得を支援することが、日本の救世主になる。

日本の景気を回復するには、究極を言えば、FRBのPPP資金者資格を取得する日本人をまずは、100名作ることを目標に活動することにします。PPPといのうのは、資金をもったファンドオーナーがFRBに対してKYCという申請書類を提出して、コンプラチェックと面談をして、ライセンスを取得することで、PPPの各種プログラムに参加できるようになります。

FRBのPPP資金者資格の取得が、PPPのプログラムに参加するための登竜門であると言えます。登竜門を通過しなければ、いくら資金があっても、PPPに参加することが出来ません。

しかも、この登竜門のテストに参加するのも、これも、ご紹介者がなければ入ることが出来ないと言えます。ですから、この制度は、PPP=私募プログラムということになるのです。

MSA総研は、資金者候補を、登竜門の入口に案内することができます。案内後、PPPに参加するためのFRBコンプラチェック、面談、KYCの作成など、MSA総研の英国国際弁護士によって、サポートを行い確実に合格へと導かれるようにサポートしていきます。また、合格後には、英国のプラットフォーム、ここは、歴史的に古いプラットフォームになりますが、そのプラットフォームにより、PPPのプログラムが提供されます。また、欧州銀行でクレジット・ラインを発行する際の担保設定を、MSA総研の英国ユダヤ金融資本との関係が負担しますので、日本の残高証明書の用紙だけで、欧州の銀行でクレジット・ラインが発行され、PPPに参加することができ、そこで、行われる貿易プログラムから収益を得れる仕組みを構築しています。

※日本の銀行は、ブロックファンド、すなわち、現金担保の設定をすることがありません。

すなわち、この仕組は、日本のFRBのPPP資金者資格保持者を増やすことで、将来的には大きな資金を生み出すことができる人材を多数排出することができます。

これは、名義人は、日本人でも大丈夫ですが、作業は完全に欧州と米国で行われていることになりますので、ある意味、オフショア的なビジネスモデルになります。まさに、魔法のような世界ですが、譲渡可能なクレジットという仕組みは、世界経済の発展のためにFRB認可のPPP資金者を通じて世界に資金が分配されます。

これが、世界の金融の頂点の仕組みになります。
このPPP資金者認定さる方は世界的にも非常に少ないこともありますので、日本人のエントリー者を増やし、PPP資金者認定者を増やすことを行います。

このことが実は、究極に重要であるのです。

MSA総合研究所より