実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金についての理解者は増えるか?

□企業育成資金についての理解者は増えるか?

非常資金というのか、実は、わかれば、簡単な制度です。
企業育成資金というのは・・・

これは、某銀行にある世界銀行から送られたブロックファンド(現金データー)があります。日本には巨額な資金はある・・・と、償還ブローカーの話にありますが、本当に、巨額な資金があるのでしょうか?


確かに、1円も引き出して使えないブロックファンド資金データーは、巨額にありますが、それは、政府保証で資金を借りるための裏付けであるだけで、この資金から、現金を作ることが出来ません。すなわち、このブロックファンドは、政府保証の裏付け資金データーということになります。

そのブロックファンドの資金(キャッシュデーター)が巨額にあるだけで、普通に使える現金がどこかの銀行に保管されているという話ではありません。

筆者も、この謎についていろいろ調べましたが、結論から言えば、99京ドルを超える資金データーがあるということですが、これは、普通に使えないブロックファンドです。

必要があれば、政府保証をつければ、資金の借り入れをできるという裏付け用のデーターです。実際には世界各国にブロックファドは、世銀から送られているようですが、日本はこのブロックファンドを通じて、経済支援を名目に政府保証をつけて資金の借り入れができる仕組みがあり、その借り入れた資金を、PPPの運用益で償還するので、昔は、償還金とか、償還制度と言われました。現在では、そのような表現は使いません。

昔は、英国のポンド債と、ゴールドはスワップして運用できましたので、三〇年間の償還期間で、ゴールドをスワップしてポンド債で資金を運用して償還したので、長期管理権移譲渡資金契約という名称だったと言えます。

現在は、ポンド債は、ゴールドとのスワップはしておりませんので、この制度ができなくなったために、償還するための資金運用は、FRBの許可を得たPPP資金者が名義人になり、PPP貿易プログラムから資金を得て償還する仕組みを行ったので、長期でなく、短期間で償還できるプログラムを実現出来ていると言えます。

すなわち、このことが理解できれくれば、企業育成資金というのは、政府保証された資金が提供されているので、色々優遇があります。それと、ブロックファンドからの資金調達には、事業計画が必要になり、これは、民間プロジェクトに対して経済発展のために資金を活用するという規定がありますので、民間人の名義人をつかっています。


大型の資金を調達するのですから、大型のプロジェクトが実行可能な人物ということで、東証一部資本金100億円以上、銀行の代表権のある人物にこの名義人になってもらっていると考えれば、この企業育成資金の制度が理解できるかと思います。

だれも教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より