【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

日本にある巨額資金の謎

日本にある巨額資金の謎

さて、日本には、京を超えて、垓(がい)の資金があるという話を言う人がいますが、垓の単位の資金があるのか?その答えは、数字は存在するが、「ブロックファンド」であると言えます。

ブロックファンドというのは、数字上の現金データーであり、現金化されていない動かせない資金ということになりますので、垓の単位の資金というのは、普通に使えるお金ではないのです。ですから、数字上の資金データーがあるからと言って、これが現金化できるか?といえば、現金ではない動かせない資金、「ブロックファンド」ですから、これは、存在していないのと同じということになります。

ただ、このブロックファンドのデーターがあるので、政府保証をつけて、資金調達する手段があるので、企業育成資金の仕組みが存在できるのですが、この数字だけ見て、◯◯銀行には、巨額な資金があると言うと、間違いです。

それと、基幹産業育成資金という企業育成資金の昔の表現ですが、これは、現在の企業育成資金は、基幹産業以外にも資金を提供しているので、企業育成資金という名称を使っていますが、これも同じことです。企業育成資金のルーツは、1951年に日本がICC 国際商業会議所:フランス に加盟してから、始まった制度です。

ICCの規約というのは、PPPによって資金調達ができるということになります。昔は、ゴールドの運用、イギリスのポンド債は、ゴールドとスワップできたので、日本のゴールドを使って、英国のポンド債(外債)で運用した資金があったので、それが、◯◯の金塊から生み出された資金ということで、話題になりましたが、現在は、ポンドとゴールドのスワップが行われなくなりましたので、ゴールドにおけるポンド債での運用は行っていません。理由は、スワップができなくなったからです。

ですから、昔は、ポンド債という外国債券での運用でしたので、長期間の運用をして、償還する制度でした。30年間の償還計画ということで、長期管理権移譲渡資金と言いましたが、ゴールドによるポンド債の運用の仕組みがなくなった今は、完全に貿易プラットフォームによるPPPによって償還制度をおこなっているので、長期ではなくなっています。

それと、今は、ゴールドも使っていないといえます。それと、財政法44条資金というも、30年くらい前は、外債の運用されて資金ということを説明していましたが、現在はそれを書くことがなくなったのは、ゴールにけるポンド債の運用の制度がなくなったという原因と、世界的にリーマン・ショック以降の公定歩合が下がり、主要通貨がのきなみゼロ金利になったことで、国債での安定運用が難しくなったので、財政法44条資金の外債運用はできなくなったために、過去の話になったといえます。

貿易プラットフォームで行うPPPに関して言えば、これは、民間プロジェクト資金に使うことということが規約され同時に、公的立場の方が関与できないルールになっています。米国証券法の規定によって、よって、資金本部は、民間がおこなっています。

民間がおこなていますが、プロジェクト資金を調達するには、政府保証をつけているので、民間から依頼をして、民家プロジェクトに対しての政府保証をすることで、欧米の金融機関から資金調達をして、半分は、民間プロジェクト=企業育成資金に使い、半分は、PPPによる運用財源として資金を運用をかけて、償還用の財源に使うという仕組みです。

すなわち、この仕組によって民間プロジェクトとして外貨収入を得ることができます。外貨を獲得するには、この方法が一番効率がいいと言えます。

日本のエネルギーや食料品の輸入には、ドル建てで多くは行いますので、ドルの外貨収入は、重要になります。ですから、企業育成資金は、外貨収入を効率よく得ることができる民間プロジェクト資金になります。企業育成資金では、外貨を円転して、円建てで資金を渡されます。

ですから、実は、天文学的な京や垓の話をしている方はいますが、これは、先にも述べましたが、ブロックファンドという動かせない資金でありますので、これは、現金とは言えません。

ただ、資金を効率よく調達する手段は、企業育成資金、昔は、基幹産業育成資金の名称の仕組みにはあります。


誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。