実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日本経済の底上げげをするための組織として「企業育成機構」の役目

日本経済の底上げげをするための組織として「企業育成機構」の役目


このブログを通じて、集まってきた仲間とのコミュニティーをどうするかということが、今後の課題になります。やはり、組織の強化をしていくことと、また収益モデルを提供することで、このモデルの協力者が国際金融ビジネスとかかわり、生活していけるモデルをつくることが大切と考えています。


国際金融におけるモデルは、収益モデルは、英国PPPプラットフォームとの関係で日本向けのPPPスキームを作りましたが、次なる展開としてこの案件に関わる人が行きていける仕組みが必要です。

これは、人の集まりとして社団ですから、社団としての活動を通じて社会のために貢献できるスキームと、収益が上がるモデルを構築することが今後の課題になります。

我々には、国際金融におけるPPPスキームがありますので、うまく組織を作り上げれば、いい形での社会コミュニティーを形成できるとおもっています。これから、数年かけて、この仕組の構築を考えることが、課題とと思っています。

PPPの目的は、雇用促進、福祉、医療、教育分野で、社会貢献できる仕組みを構築するために資金提供されるという大前提があります。

そのへんのことも考えて社会に貢献できるスキームを提供できれば、そのうち、我々の活動は、意味をなしていくことに気付くことでしょう。


誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より