実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日本市場向けのソリューション

□日本市場向けのソリューション

日本向けのPPPに関して、第一段階では、MSA総研の欧州のファンドとしては、500M(ミリオン)ドル以上の資金を準備して、日本のクライアント様に対してPPPに参加できるためのクレジット・ラインの担保となる資金を用意するいうことになりました。
今、英国PPPプラットフォームで進めている案件になります。100万ドル以上、100万ユーロ以上で申請可能なPPPであり、同時に、ティアシート(書面)だけでPPPに参加できるモデルになります。

結論から言えば、このモデルは、日本の資金者は、残高証明を提示はしますが、Swiftのメッセージを提示しないということは、日本の銀行による現金担保は、欧州のプラットフォームの銀行に対して、なにも出していなことになりますので、これでは、欧州の銀行でクレジット・ラインは、発行されません。それをソリューションするために、MSA総研が自らのチームのファンドにより、欧州の銀行に対して、日本の顧客のクレジット・ラインを発行するために、現金担保を立て替えることで、欧州の銀行でクレジット・ラインを発行することが出来ます。

すなわち、バックヤードでの資金の支援モデルがあることで、日本の顧客に対してのクレジット・ラインの発行を可能にしています。

 

MSA総研のチームである英国PPPプラットフォームとの協議の中で、日本は、G7の国であり、同時にICCの加盟国であります。

 

また、G7の国でありますが、ドル、ユーロが国内で流通しておらず、日本円の流通により、市場で資金が使われている国ということになります。

 

PPPに関していえば、基本的には、ドルとユーロ市場で行われている案件ということになります。

 

日本は、法的にも全く問題ない国でありますがPPPに関しては、ほぼ全くPPP市場で日本からの資金が使われていないという現実がありました。

 

 

その問題点について、MSA総研としては、リサーチした結果を、英国PPPプラットフォームと協議した結果、日本市場には、現金として預金高が1400兆円以上あります。

 

それに対して、Swift MT799などの銀行がブロックファンドメッセージを打たないことが原因して、日本市場からPPPへの参入障壁があるということになります。

 

大きなキャッシュバック市場があるのですが、日本は、PPPへのエントリーすることを困難にしている原因は、銀行サービスにおけるSwiftのメッセージをするための打電の仕組みにあるということが結論付きました。

 

その問題をソリューションするには、欧州の銀行で発行するクレジット・ラインの担保をどうするかの問題は、これは、日本資金者の書類は、FRBでティアシートのみで通して、PPPの運用枠だけを取得し、欧州で、MSA総研のチームが資金を準備して、欧州の銀行でクレジット・ラインを発行する担保を出す以外方法がないという結論になりました。

 

その仕組で、日本市場向けのPPPを行うことになりました。

 

PPP市場において、欧州のPPPプラットフォーム企業は、日本市場を相手にしてこなかった理由は、銀行のSwiftに対してのサービスがないことが、原因していましたが、その問題をソリューションすることで、新しい市場が生まれることになります。

 

クレジット・ラインを欧州の銀行で日本の資金者名義で発行することができれば、日本人も資金を国際金融から資金調達できる機会がえることができます。そのことに注目してほしいわけです。

 

確かに、欧州においてもPPPプラットフォーム企業は、非公開企業として運営されていますが、これは、非公開にするのは、特別な制度であるために私募プログラムによって行われる制度であり、これは、米国証券法で、どこでだれがおこなっているかを非公開でなれれば、米国証券法でインサイダー情報になるということで、公開の禁止が決められています。

 

よって、この制度に関しては、情報は存在するが、どこで行っているかは明確にしないというルールがあります。

 

 

しかし、PPPに関しては、FRBによって登録されている企業がおこないます。

 

認可制度であり、金融機関と同じように、PPPプラットフォームも企業評価、ランキングあります。 

 

MSA総研のチームである英国PPPプラットフォームは、Aランクの地位あり歴史のあるPPPプラットフォームになります。


ランキングには、A, B,C...のような評価がされており、FRBに申請される際に、どのランクのPPPプラットフォームから申請された書類であるかということで、評価が分かれるということです。

 

すなわち、社歴、過去の仕事に対して問題など起こしていないか?実績などを評価して、クラス分けされています。

 

ですから、MSA総研が提案しているPPPシステムは、Aランクであると言えます。

 

誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より