実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

PPPに関係する私募プログラムの世界

PPPに関係する私募プログラムの世界

さて、PPPに関する私募プログラムに対しては、米国証券法でインサイダー情報にならないように、どこで誰がおこなっているか、限定されないということが条件になっています。企業育成資金に関しても民間プロジェクトファイナスになりますが、これもPPPによっての償還システムによって資金を生み出しています。PPPに関係することは、米国証券法の規制によるところで、場所の限定、人物の限定をされないようにするということが条件になりますので、どちらかと言えば、秘密の団体のようも思われますが、実は、これもすべてFRBの認可制度で行われています。

よって、一般的には情報は公開されていませんが、ライセンス制度をもってFRBの監視下で行われている制度ということになります。

非公開だから、怪しい話・・・という判断ではなく、これは、特別なルールで収益が上がる仕組みですから、米国証券法のおいて、通常の証券取引に影響を与える情報を出してはいけないというルールがあります。

普通に考えれば、分かる話です。 PPPの取引について完全に公開市場になれば、通常の証券取引市場に影響がでます。よって、私募プログラムということで、非公開で行われる仕組みであり、この仕組は、選ばれた人物でなければ、参加できないという仕組みになっているのです。

すなわち、ご紹介者がなければ、参加できないという特別ルールになっています。ですから、PPPに関することは、「権利ではなく、特権である」という説明文が明確に書かれています。すなわち、特権としてのルールのなかで、行われてるので、通常の常識とは違う世界の存在ということが言えます。

やはり、この世界ついては、入れる方、入れない方は、選ばれます。

誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より