【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

世界の頂点の金融システムについて言えば、

□世界の頂点の金融システムについて言えば、

PPPに関して言えば、世界TOP100位以内の銀行預金を対象に、銀行預金残高を使ったPPPを行うことができます。一部の国や地域は除外されますが、日本は、対象国となっています。

日本で世界ラインキングTOP100位に入っている銀行は、メガバンクは、対象になります。その銀行の外貨預金 ドル、ユーロの預金高があれば、そのPOF(PROOF OF FUNDS:残高証明)を用いて、その証明をもとにPPPを行うことが可能になります。

日本は、ICC(国際商業会議所)の加盟国であり、同時にG7の国でもありますので、PPPに関しては、法的には、100%問題のない国になります。ただ、この制度は、私募プログラムによって行われていますので、プラットフォームとのつながりがあり、ご紹介がなければ、エントリーすることができません。監督官庁は、FRBが監督をおこなっておりますので、資金者は、FRBコンプライアンスチェックを受けて、エントリーすることになります。

これが、PPPの世界になります。

PPPは、自らの口座に残高を13ヶ月動かさず、放置できる人ということになります。(ICCの規約は、365日+30日のブロックファンド)というルールがあります。

そのために、自らの口座に現金として放置するだけの話になります。すなわち、この現金預金データーがキャッシュバック情報になり、それをもとに、クレジット・ラインを欧州の銀行で発行して、クレジット・ラインを、「譲渡可能なクレジット・ライン」という仕組みで世界中の貿易取引でクレジット・ラインを使って資金を貸出、その収益から、資金者にクレジット・ラインを発行するためにキャッシュバックの名義人の資金者に対して、現金をキャッシュバックするという仕組みです。

何度も言いますが、この仕組は、FRBの監督下で私募プログラムで行われている仕組みになります。

重要なのは、日本には、現金預金が1400兆円も存在しているということになります。その預金の現金データーをPPP市場で活用することで、日本は大きな収益を得る機会があるということを言いたいのです。

この論点を理解している経済学者は、日本には皆無でしょう。世界の金融の頂点で行われている私募プログラムの仕組みは、日本では知られていません。

誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。